JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 会社設立・企業法務
満足したユーザー: 36
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 会社設立・企業法務 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

設立後一度も決算せず休眠している法人があります。ほったらかしのため青色申告が取り消されている状態です。何か事業をする場合

質問者の質問

設立後一度も決算せず休眠している法人があります。ほったらかしのため青色申告が取り消されている状態です。何か事業をする場合、今後この法人を利用する価値はありますか?それとも新規に設立した方がいいでしょうか?
また、放って置く場合は何もしなくて良いですか?
投稿: 2 ヶ月 前.
カテゴリ: 会社設立・企業法務
専門家:  cosultax 返答済み 2 ヶ月 前.

最終的にこの法人をどうするか?は今後の事業展開次第ではありますが、

全く動きがないのであれば、積極的に活用するメリットはあまりないですが、新しく作るとそこでまた設立費用等が掛かるので、その費用と手間次第では今ある法人で再度事業をした方が良い場合もあるかと思います。

放っておく場合も法人住民税(年7万~)は係りますが、利息の入金等も含めて一年間一切動きがない場合は市区町村に免除の申請をすれば休眠期間の住民税を免除してくれる場合はあります。

ただ、休眠→再開した場合は免除されていた期間の申告と納付はしなければいけないので、そのあたりを総合的に見ると設立し直す方が良いケースが多いかと思います。

会社設立・企業法務 についての関連する質問