JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 会社設立・企業法務
満足したユーザー: 1396
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 会社設立・企業法務 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

某工務店から見積書145万円のリフォーム工事を熱心に進められ、仮契約書(手付金45万円、完成時代金100万円支払い)にサ

質問者の質問

某工務店から見積書145万円のリフォーム工事を熱心に進められ、仮契約書(手付金45万円、完成時代金100万円支払い)にサインしました(あくまでも仮契約書ということで署名捺印を求められた)。都合により契約の発注をしなかったため契約を反故にされたと工務店から調停を申し立てられています。調停申立人工務店に45万円と支払い済みまでの年6%の割合の金員および申立人(担当者)に精神的損害を被ったとして慰謝料50万円と支払い済みまで年5%の金員の支払いを求められています。契約書は「工事請負契約書(当社控)となっており、注文書の署名、捺印をしております。
事件の内容に詳しいということで工務店の担当者(もう1人の申立人)の代理人許可申請書が提出されております。
このケースにおける対応を質問します。支払うべきか? 支払う場合の金額等  また、仮契約書なるものに収入印紙が貼ってないとした場合はどうなるのでしょうか?
対応に当たり、おおよその目安をご教示くださるようお願いいたします。
投稿: 4 ヶ月 前.
カテゴリ: 会社設立・企業法務
専門家:  kionawaka 返答済み 4 ヶ月 前.

あなたの事情で解約する場合は、手付損をして、手付金のみ支払って解除するのが一般です。利息や慰謝料の支払いは発生しません。

会社設立・企業法務 についての関連する質問