JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 会社設立・企業法務
満足したユーザー: 2257
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 会社設立・企業法務 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

会社取締役の辞任届を偽造され、勝手に退任登記されました。法務局に事情を話し、証拠写真を取得済です。筆跡から見て、すべて、

質問者の質問

会社取締役の辞任届を偽造され、勝手に退任登記されました。法務局に事情を話し、証拠写真を取得済です。筆跡から見て、すべて、受任した司法書士が書いて押印し、登記した模様です。
依頼者は兄弟で代表に就任した時点で、私を辞任扱いにし、上手く会社を乗っ取た状態にしました。
兄弟もですが、受任した司法書士に対して損害賠償請求は出来ますか?(慰謝料、減給分、遺失利益等)また、司法書士懲戒処分になりますか?(禁止、停止、戒告どれ?)
宜しくご教授下さいますようお願い申し上げます。
投稿: 1 月 前.
カテゴリ: 会社設立・企業法務
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 1 月 前.

もし本当に司法書士が辞任届を勝手に書いて登記したのなら、確実に懲戒処分になります。2年間の業務停止または業務禁止になってもおかしくない事案です。証拠があるのなら、司法書士会に相談することができるでしょう。

また、損害賠償請求も可能です。逸失利益や役員報酬を請求できるでしょう。会社を退任されたことによりもらえなくなった報酬や給与、残りの任期の期間役員としてもらえるはずだった報酬や給与を請求できます。慰謝料ですが、認められたとしても少額です。このケースの損害は逸失利益や報酬で損害は塡補されるからです。

確実に損害賠償をもらうために弁護士に請求をしてもらった方がスムーズにいくでしょう。実際に弁護士に相談することをお勧めします。その方が確実です。

会社設立・企業法務 についての関連する質問