JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bhsy202に今すぐ質問する
bhsy202
bhsy202,
カテゴリ: 会社設立・企業法務
満足したユーザー: 806
経験:  dasdasd
84237273
ここに 会社設立・企業法務 に関する質問を入力してください。
bhsy202がオンラインで質問受付中

私は現在父親の会社にて別の事業を運営しております。現在6年目です。 会社の売上と利益はほぼ私の事業で構成されています。

質問者の質問

私は現在父親の会社にて別の事業を運営しております。現在6年目です。
会社の売上と利益はほぼ私の事業で構成されています。
父は殆ど仕事をしておりません。
大変口うるさく、険悪な状況の為、自分で新会社を設立し事業を継続していこうと考えております。
手順含めご相談お願いいたします。1)会社設立
2)取引先に挨拶(分社、独立)
3)取引先との契約書変更。
このような流れでよろしいでしょうか。
その他準備必要であればアドバイスお願いいたします。
早急に会社設立し、次の受注から新会社で行っていく予定です。父親の会社に残る、
私の事業での資産をどのように移動すればいいでしょうか。
1)営業利益(現金)
2)商品在庫(資産)
3)車
4)会社より父親に貸しているお金(500万)5)銀行には事前に相談し、新会社での融資可能か、確認必要でしょうか。この点もアドバイスお願いいたします。
投稿: 3 ヶ月 前.
カテゴリ: 会社設立・企業法務
質問者: 返答済み 3 ヶ月 前.
65288;質問者からのリクエストをサイトが代理投稿)こんにちは。次の追加サービスを希望していますが、ご提供いただくことは可能でしょうか?サービス名:電話でのやり取り。 もう少し情報が必要な場合は、どういった情報が必要なのかお知らせください。また別の追加サービスをご提案いただければ、検討します。
専門家:  bhsy202 返答済み 3 ヶ月 前.

現在の会社での地位は,取締役などにはなっていないでしょうか。

会社との関係で,競業避止義務,というのを誓約しているということはないでしょうか。

簡単に言うと,会社を辞めても,同じような業種につかない,という誓約ですが,

これがあると新会社設立時のネックになります。

それがなければ,そういう流れでもいいと思いますが,できれば,下打ち合わせ,新会社を設立したらその会社と契約する方向で変更してもらえる,その事前の打ち合わせまで,秘密裏にやっておいた方がいいと思います。

この見通しがたっていないことには,新会社を設立しても無駄になりかねませんから。

現在の資産は,その処分などは代取,取締役会などで決めていくでしょうから,そう簡単には動かせないのではないでしょうか。

なお,5の,銀行への相談は当然行っておくべきだと思います。ただ,お父様の会社と同じメインバンク,同じ金融機関,というわけにもいかないのではないか,とは思いますが。

父親への貸金は,会社が今後,どのように取立をしていくのか,そういう問題になってくると思います。

質問者: 返答済み 3 ヶ月 前.
12362;世話になります。ご返信ありがとうございます。
私も取締役になっております。
特に競業避止義務の契約はしておりません。
仕入れ先、取引先すべて私で開拓しており、会社を箱として借りていた状況です。
営業、開発、資金繰り、銀行との交渉もすべて私が実施しております。
取引先にも理解は得られると思います。
現在の在庫分出荷は現在の会社から実施。
新規受注分から新会社にしていこうと考えております。
在庫分の売り上げ、利益に関しては、私の妻への給料支払いでもらって行く予定です。問題は銀行です。
取引先、業務内容、実績すべて理解をいただいておりますので、
当初は同じ銀行でスタートさせてたいのですが、
何か問題ありますでしょうか?
銀行としては取引しにくいということでしょうか?
最後にこの点だけアドバイスお願いいたします。
専門家:  bhsy202 返答済み 3 ヶ月 前.

銀行の件ですが,最終的にはその銀行の判断になりますので,何ともいえないのですが,

同じような会社が立ち上げられ,その会社に融資する,そうなる場合,これまでに融資してきた残り,お父様の会社に対する残債務をどうするのか,

そういう話は出てくるのではないでしょうか。

その分を一部引き受けるとか,何らかの対応を求めてこられるかもしれません。

そうなったら,新規に他の銀行から融資をうける方が容易だとは思います。

会社設立・企業法務 についての関連する質問