JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 会社設立・企業法務
満足したユーザー: 1377
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 会社設立・企業法務 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

お世話になります。 二件の問題を抱えております。 A. 2年近く前に、あるNPOの代表理事から本を出版される際に、その中に使う写真の処理をお願いされました。NPOの財源が厳

解決済みの質問:

お世話になります。
二件の問題を抱えております。
A. 2年近く前に、あるNPOの代表理事から本を出版される際に、その中に使う写真の処理をお願いされました。NPOの財源が厳しい状態で、使う写真を撮り直す時間と費用がないので、スマートフォンに入っている約400枚の画像を印刷で使えるようにとの依頼です。
出版社も編集事務所もさじを投げたものだったのですが、何とか処理し、無事に出版まで持って行けました。その時の作業費用は「印税」で支払うという口約束だったのですが未だに「印税の支払いがされていない」のでと支払って頂けません。
そのほかにも諸々の印刷関連の製作があるのですが、それも将来に払うので積算しておいて欲しいと言われています。
先日、出版社の社長と話す機会があり「印税」の件を聞いたところ、通常の出版ルールに沿って支払済とのことでした。
現在、そのことを伝えているのですが、「NPOの活動を乱す者」などと人格否定までされるようになりました。
二点目です。
B. 同じくそのNPO代表から昨年の春に一人の社長を紹介されました。手が足りなくプロジェクト立ち上げのために手伝って欲しいとのことでした。
昨年の3月末に会い、プロジェクト立ち上げまでは月に15万円づつ。プロジェクト立ち上げ予定の10月からは40万円+ボーナスとのことで仕事をしましたが、4月〜6月の間、常に少し待って欲しいと言われ続け、結局資本的に無理があったのか頓挫したようで未払いのまま至っています。
そのようなことがあったのですが、現在では紹介をしたNPOの代表理事とその社長自身が新しい商材を元に共に同じ事務所で仕事を進めているようです。
二件とも口約束で進めてしまった事でこの状況になってしまったのかもしれませんが、社会的にも著名な人が堂々と詐欺的な事をされている事に納得がいきません。
私は現在、全く関係のない仕事をスタートしていますが、無収入の時の持ち出し金も多く、何とか良い解決方法がないものかと思案しています。
ご助言を頂けましたら幸いです。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 会社設立・企業法務
専門家:  kionawaka 返答済み 2 年 前.
A:写真処理の業務委託契約と思われます。その代金の踏み倒しですので、まず内容証明で履行を請求し、しかる後訴訟にされればよいでしょう。

B:NPO社長、社長の共謀によるものです。プロジェクトの内容がハッキリしませんが、そこをもう少し具体的に敷衍した上で、代金不払いということで、報酬を請求することになります。同じく内容証明→訴状ということでよいでしょう。

★許認可手続きの申請代行に限らず、企業法務の相談もOKです。
kionawakaをはじめその他名の会社設立・企業法務カテゴリの専門家が質問受付中

会社設立・企業法務 についての関連する質問