JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
t-lawyerに今すぐ質問する
t-lawyer
t-lawyer, 弁護士
カテゴリ: 会社設立・企業法務
満足したユーザー: 582
経験:  東京大学卒業
78091396
ここに 会社設立・企業法務 に関する質問を入力してください。
t-lawyerがオンラインで質問受付中

合同会社を4人で設立し、今月5月末日で退職することとしました。 出資金 代表社員1人 20万 ほか3人各10万ず

質問者の質問

合同会社を4人で設立し、今月5月末日で退職することとしました。
出資金 代表社員1人 20万  ほか3人各10万ずつ 出資しています。
代表社員が1人残るのですが、出資金を譲渡するよう要求してきました。
しかし退職する3人は出資金を全て払い出しを受けたいと思っています。会計事務所の担当者に確認すると払い出しは可能の金額であることを確認しています。
定款内の出資金額の変更もあると思いますが、払い出しを受けなければ定款の変更の同意を拒否することも考えています。
どのように対処するのが一番良いのでしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 会社設立・企業法務
専門家:  t-lawyer 返答済み 2 年 前.
弁護士のt-lawyerです。
確認させてください。
今回は,退社するにあたり,定款を変更して出資額を減少させますか。
よろしくお願いいたします。
質問者: 返答済み 2 年 前.
返信ありがとうございます。出資金は減らしたくなく代表社員が3人からそれぞれ譲渡をうけて、
1人で出資金50万円に変更したいと代表社員は要求しています。
私たちへは出資金を買い取りするかたちで返金すると言っています。
なので、できることなら
返金を確認してから定款の変更に同意したいのです。
専門家:  t-lawyer 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。
それでしたら,持分の譲渡と代表社員からの持分代金の支払いを同時履行とする旨の合意書を作成すればいいのではないでしょうか。
今回でいうと,10万円×3の30万円を代表社員が支払った際に,持分の譲渡が成立するという旨の合意書を作成すれば,支払を受ける前に持分が譲渡されることを防げると考えます。
ご参考になれば幸いです。
よろしくお願いいたします。
質問者: 返答済み 2 年 前.
丁寧なご回答、ありがとうございます。具体的にはどのような文書になりますか?例えば
同意書
社員⚪️⚪️は、持分代金の支払いを受けたことを確認後、代表社員△△への持分の譲渡を了承する。
以上このような文書で問題ありませんか?
専門家:  t-lawyer 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。
内容は,それで大丈夫です。
表題を「合意書」として,退社する社員と代表社員の両方の署名又は記名捺印をもらってください。
よろしくお願いいたします。
t-lawyerをはじめその他名の会社設立・企業法務カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.
丁寧な返答、迅速な対応
本当にありがとうございました。
こんなに身近に相談できるサイトがあり心強いです。
今後も困った時に相談すると思います。
専門家:  t-lawyer 返答済み 2 年 前.
そう言っていただけてよかったです。
ありがとうございました。

会社設立・企業法務 についての関連する質問