JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dueprocessに今すぐ質問する
dueprocess
dueprocess, 特定行政書士
カテゴリ: 会社設立・企業法務
満足したユーザー: 2650
経験:  中央大学卒・行政書士事務所経営・システムエンジニア
81185734
ここに 会社設立・企業法務 に関する質問を入力してください。
dueprocessがオンラインで質問受付中

現在弊社ではバッテリー関係の商品を販売しております。 自社のサイトをもうけ、購入前にお客様に利用規約を確認して頂い

解決済みの質問:

現在弊社ではバッテリー関係の商品を販売しております。
自社のサイトをもうけ、購入前にお客様に利用規約を確認して頂いた上で商品を購入頂いております。
そこで質問なのですが、仮に弊社で販売している商品に起因して何かお客様に問題が生じたとします。
この場合消費者契約法に対応できるように作成した利用規約があるので消費者契約法が優先されるのでしょうか?
それとも製造物責任方(pl法)が適用されるのでしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 会社設立・企業法務
専門家:  dueprocess 返答済み 2 年 前.
ご質問ありがとうございます。
行政書士です。
よろしくお願い致します。
消費者契約法もPL法も消費者保護を目的とする民法の特別法という位置づけになります。
端的に申し上げれば、消費者契約法は事業者と消費者間の契約において消費者に有利な強行法規であり、
PL法は製造事業者と消費者間において製品欠陥に起因する損害について製造事業者等に特別の責任を負わせる強行法規です。
いずれも民法の特別法ですが、守備範囲が違うとお考えください。
よって、消費者契約法に準ずる利用規約があったとしても、PL法の守備範囲については
PL法が優先して適用になると考えます。
以上ご参考頂ければ幸いです。
dueprocessをはじめその他名の会社設立・企業法務カテゴリの専門家が質問受付中

会社設立・企業法務 についての関連する質問