JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 会社設立・企業法務
満足したユーザー: 950
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 会社設立・企業法務 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

株式会社の出資金買取り請求への対応と、利益の配当方法についての相談です。 2013年8月に、わたくしと友人一名

質問者の質問

株式会社の出資金買取り請求への対応と、利益の配当方法についての相談です。
2013年8月に、わたくしと友人一名のふたりで株式会社(以下A社)を立ち上げました。
出資額は、わたしが40万円、友人が70万円です。
6ヶ月運営して売上が一定額に達しなければ事業を終了するということではじめました。
6ヶ月やった結果売上目標は未達でしたので、2014年3月末にて終了することになりました。
友人はその時点で取締役を退任しています。
わたしはまだ可能性があると判断し継続することにしました。
そこで、A社の事業のほか、わたしがそれ以前から運営していた合同会社(以下B社)を休眠させ、そこで行っている事業をA社にて行うことにしました。
その時点で、収益が出たら配当をするという口約束だけは交わしました。
配当方法やその割合などは決めていません。
☆質問1
2014年11月になって、友人から、「お金が必要になったので、出資金を買い取ってもらえないか」という話がありました。
株式会社は原則出資金の払い戻しや買取は行えないと思いますが、この依頼は拒否しても問題ありませんでしょうか?
☆質問2
友人はいまもA社の株主となっていますが、配当方法の決定は株主総会で決定しなければなりませんでしょうか?
☆質問3
配当は、A社の事業に対してだけ配当したいと考えていますが、法的に問題ありませんでしょうか?
以上ご回答よろしくお願いいたします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 会社設立・企業法務
専門家:  houmu 返答済み 2 年 前.
☆質問1
2014年11月になって、友人から、「お金が必要になったので、出資金を買い取ってもらえないか」という話がありました。
株式会社は原則出資金の払い戻しや買取は行えないと思いますが、この依頼は拒否しても問題ありませんでしょうか?

●拒否されても問題ありません。

☆質問2
友人はいまもA社の株主となっていますが、配当方法の決定は株主総会で決定しなければなりませんでしょうか?

●毎年、定時株主総会を開催し、配当や役員報酬、その他重要事項について決議を行う必要があります。
これがわずらわしいようであれば、ご質問者さまが適切と考える時価で株式を買い取ることが考えられます。つまり、出資額面ではなく、現在の会社の価値がどれだけあるか、に基づいた時価ということになります。価格の決め方が法律で決まっているわけではありませんので、双方で価格が合意できれば、そのような選択肢もあるということに過ぎません。

☆質問3
配当は、A社の事業に対してだけ配当したいと考えていますが、法的に問題ありませんでしょうか?

●当然A社の事業による利益が配当の対象になりますが、
>わたしがそれ以前から運営していた合同会社(以下B社)を休眠させ、そこで行っている
>事業をA社にて行うことにしました。
とのことですので、以前B社で行っていた事業は、現在はA社の事業ですから、当然配当の対象になります。

なお、B社から事業を譲り受けたとして、事業譲受に対する対価を、B社に支払うことは可能です。(たとえば、B社の事業を100万円でA社が買い取るということは可能です。)
専門家:  houmu 返答済み 2 年 前.
回答にわかりにくい点、不十分な点がありましたら、補足させて頂きますので、なるべく具体的にご指摘下さい。

会社設立・企業法務 についての関連する質問