JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 会社設立・企業法務
満足したユーザー: 1355
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 会社設立・企業法務 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

メーカーが認めている不具合で損害が発生しました、被害金額の請求はできるでしょうか?

解決済みの質問:

6月に映像関係の会社を開業して、パソコンとソフトを購入して作業を始めました。購入したソフトは10年以上使用し続けているソフトですが、去年ぐらいからハードウェアとソフトがモデルチェンジしたので、旧バージョンと新バージョン両方購入しました。メーカーはappleです。ところが、新機材と、新ソフトは不具合だらけで、購入直前のバージョンアップでまともに動きません。(何度もappleのカスタマーサポートと連絡をとりながら、導入を続けました。不具合はapple自身が認めて報告して来ました。)最終的には、状態が不安定な旧バージョンで作業しております。(その新osは広告表示とは全くことなり、従来のソフトへの不具合だらけのものでした。この非常に大変な作業を強いられているうちに、納期が遅れてしまい、入金されない件が発生しました。(通常数時間で終わる作業が3日かかったこともあり、サポートへの電話も、1日3時間を越える日がたくさんありました。)メーカーとして新バージョンの不具合を把握しながら、何の対策も講じないで販売し、(このメーカーはダウングレード等、自力で旧バージョンに変更できないようにしているメーカーです)そのせいで、納期が大幅に遅れました。この損害は請求できるでしょうか?入金されなかっただけでなく、導入作業に半月以上取られ、問題は解決されないままです。その際の人件費も請求できるでしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 会社設立・企業法務
専門家:  kionawaka 返答済み 2 年 前.
>この損害は請求できるでしょうか?入金されなかっただけでなく、導入作業に半月以上取られ、問題は解決されないままです。その際の人件費も請求できるでしょうか?

 

→債務不履行による損害賠償請求の場合も、債務不履行と損害発生とのあいだの因果関係の立証がポイントですが、ここがいいかげんでは裁判などになっても腰砕けになります。人件費も同様です。

損害の見える化ということで、明細を作成の上、交渉となります。

★許認可手続きの申請代行に限らず、企業法務の相談もOKです。



質問者: 返答済み 2 年 前.
具体的に必要な、書類・データなどはどんなものがあるでしょうか?
映像関係の事業でも、見積もり書等は通常の会社と同じです。
また、メーカーが認めている問題点なども、メールによる回答を残したり、カスタマーサポートの電話を録音したりということが、必要でしょうか?
専門家:  kionawaka 返答済み 2 年 前.
>納期が遅れてしまい、入金されない件が発生しました

>具体的に必要な、書類・データなどはどんなものがあるでしょうか?
映像関係の事業でも、見積もり書等は通常の会社と同じです。
→第三者に納得させられるために必要十分な証拠資料ということです。作業が遅延したため、本来得られであろう利益を失ったという場合(逸失利益の賠償)は、本来得られたであろう利益(またはその額との差額)です。

まず損害額の立証ということです。(相当)因果関係の立証は本件の場合それほど困難ではないと思います。

またその間被った精神的苦痛というものも、一日何千円×日数で数値化することができます。

>また、メーカーが認めている問題点なども、メールによる回答を残したり、カスタマーサポートの電話を録音したりということが、必要でしょうか?
→メールは残るでしょうから、紙ベースで残してください。
録音もあればベストですが、その場合も反訳書に起こす(文字化)することが必要です。
しかしなければ、相談の要旨でよろしい。







質問者: 返答済み 2 年 前.

素早い回答ありがとうございます。最後に質問がいくつかあります。

>またその間被った精神的苦痛というものも、一日何千円×日数で数値化することができます。

に関しまして、書式などあるのでしょうか?それとも当社の給与から計算した独自のものでもかまわないのでしょうか?

それと、この件は個人で可能でしょうか、それともkionawakaさんのような行政書士さんにお願いした方がよいでしょうか、それとも弁護士さんでしょうか?

専門家:  kionawaka 返答済み 2 年 前.
交通事故の慰謝料をベースにしたものです。一日5,000円×日数というようなものです。これは交通事故の場合の世間相場なので、いちいち根拠を明示する必要はありません。

書式は任意のもので、実際は明細書または見積書のようなものです。エクセル形式が多いかと思います。

素人でも作成できますが、交通事故などを手がけている行政書士(県行政書士会に電話すれば、専門分野の方を紹介していただけます)に頼むのもよいでしょう。

ただし、業界固有の分野のテクニカル・タームの説明はなるだけ丁寧にしてください。そうでないと、やっつけ仕事になってしまいます。





kionawakaをはじめその他名の会社設立・企業法務カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.
ありがとうございました、appleは昔から、無責任なアップデートがおおく、長年煮え湯を飲まされ続けて来ました。今回だけは、絶対泣き寝入りはしたくないと思います。 助かりました。
専門家:  kionawaka 返答済み 2 年 前.
いろいろありましょうが、がんばってください。また何かありましたら、お気軽にお尋ねください。
kionawakaをはじめその他名の会社設立・企業法務カテゴリの専門家が質問受付中

会社設立・企業法務 についての関連する質問