JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 会社設立・企業法務
満足したユーザー: 36
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 会社設立・企業法務 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

水道工事店を経営しています。30年前の建築設備の排水管工事の施工不良が最近発覚、台所の排水管が垂れ流しに為って居

質問者の質問

水道工事店を経営しています。 30年前の建築設備の排水管工事の施工不良が最近発覚、台所の排水管が垂れ流しに為って居り、これが原因と思われる井戸水が汚染され、母親が癌を発症したからと慰謝料を含む損害賠償を求められています。 この場合の想定される妥当な賠償金の算定基準とはどの様なもので、想定される金額とは?  宜しくお願いします。


施工不良と書きましたが、排水管の一部(0.5m位)切り取られて埋め戻された状況で、差し込み式配管を接合していく上で、中間を省いた状態で施工を進める事やその状態で埋め戻すことは悪意が無い限り考えられません。 手抜きの施工不良と主張される以上受け入れるしか術は無いのでしょうか?

投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 会社設立・企業法務

会社設立・企業法務 についての関連する質問