JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kanekiyoに今すぐ質問する
kanekiyo
kanekiyo, 司法書士
カテゴリ: 会社設立・企業法務
満足したユーザー: 481
経験:  大手司法書士事務所での勤務を経て独立。現在は司法書士事務所を経営。
63213887
ここに 会社設立・企業法務 に関する質問を入力してください。
kanekiyoがオンラインで質問受付中

会社設立の際の取締役の登記についての質問です。   今年1月に素晴らしく準備の整った法人登記の書類に取締役及び代

解決済みの質問:

会社設立の際の取締役の登記についての質問です。
 
今年1月に素晴らしく準備の整った法人登記の書類に取締役及び代表取締役として登記しました。
前々から頼んであったようで、代表のなり手がなかったため保留になっていたそうです。
 
話は複雑ですが、ある男Aが『株式会社欲しさに仕立て上げた会社』と言うべきでしょうか…。
 
Aは自分が役員にはならず妻と甥を取締役に入れ、私を代表取締役にさせました。私は罪になるかもしれませんが、はっきり言って『名義貸し』行為です。
 
所があるトラブルになり、取締役の妻に連絡を取ったところ、「自分は取締役になった覚えがない」と言ってこられたんです。
甥はまだ25~6さいの若い男の子で、引きこもったり定職になかなかつけなかったりと言う状態で、どう考えても自分から取締役になると言いだすような人ではないようです。 
 
手続きは司法書士事務所で行いました。

私の印鑑、印鑑証明はもちろん自分で準備し、サインをしました。
 
他の二人の印鑑、印鑑証明はともにAが持参しました。サインはもともとしてあったのかその場でAがしたのかは記憶にありません。
 
ところが先ほどの話のように妻は取締役になった覚えがないと言うのです。
 
この場合公文書偽造罪とかを問うことが出来るのでしょうか?

その際の申し立てはどこに申し立てたらよいのでしょうか?
 
ご回答をよろしくお願い致します。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 会社設立・企業法務
専門家:  kanekiyo 返答済み 3 年 前.
こんにちは。司法書士のkanekiyoと申します。質問をご投稿頂き、誠に有難うございます。
ご質問への回答は以下の通りとなります。分かりやすい回答を心がけてはおりますが、ご不明点等ございましたら、お気軽にご返信下さい。

仮に本人以外の者が、その本人が作成したかのように文書を作成した場合、文書偽造の罪に問われることになります。

そして、今回のケースであれば有印私文書偽造の罪(就任承諾書であれば印鑑がついてあるはずです)となり、3月以上5年以下の懲役刑となります。

ご本人(取締役の妻)が警察署に被害届を出せば、警察が捜査してくれます。
質問者: 返答済み 3 年 前.

スピーディーな回答ありがとうございます。


 


今回のケースはあくまで本人(妻や甥)が申し立てないと問えないという事なんですね?


 


例えば司法書士さんが気付いて本人のサインではないと証言した場合、その司法書士さんも処罰の対象になるとか…?でしょうか

専門家:  kanekiyo 返答済み 3 年 前.
本人でなければ被害届が出せませんので、警察が動いてくれるか怪しいです。

司法書士にも罰を課したいのであれば、刑罰は無理でしょうが、法務局に苦情申し立てを行えば、懲戒の対象になりえます。
※ただし、今回のケースであれば戒告(注意)程度の処分となるでしょう。
kanekiyoをはじめその他名の会社設立・企業法務カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

ありがとうございます 


その逆で、司法書士の先生にはその後も電話でアドバイスを頂いたりとお世話になることもあり、罪を問われることがあっては困るんです。


 


被害届に関しては妻や甥が出すとは思えないので難しいですね。


ただこれまでも浮気や借金などで辛い思いをしてこられた妻ですので、今回のことが引き金になり何らかの手段に出られるようなら願ったり叶ったりなのですが…。(銀行にお勤めだったのにAのトラブルのため退職せざるを得なくなったとの話も聞きました。)


 


新たな事務所を新たなパートナーを迎えて開所したとの情報もあるので


ですが、Aばかり成功するのは正直腑に落ちないところもあり、何かしら取り締まって頂けるようなお知恵はないのかと模索しているところです。

会社設立・企業法務 についての関連する質問