JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 会社設立・企業法務
満足したユーザー: 1355
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 会社設立・企業法務 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

ある商工会で新事業(介護事業)の相談をしたところ、個人コンサルを紹介されました。介護ビジネスは上場できるなどと興奮気

解決済みの質問:

ある商工会で新事業(介護事業)の相談をしたところ、個人コンサルを紹介されました。介護ビジネスは上場できるなどと興奮気味に話し、数日後にコンサルティング費用を請求されました。支払い後はほとんど連絡もなく、こちらから連絡すると、商工会のAさんと話しを進めて下さいなどと他人行儀です。
質問1;商工会のAと個人コンサルが協力関係を結び、コンサルティング費用を請求してよいのか?
質問2;相談の段階でコンサルティング費用を支払いましたが、何をするのか説明せず、準備段階になって商工会Aとの連絡役だけ務めるだけなので、費用の返還請求は可能ですか?
質問3;一連の行為は詐欺になりますか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 会社設立・企業法務
専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.

  請求明細を要求すべきです。コンサル料は、顧問料のようなかんじで高額請求が行きます。着手金ではないので、場合によっては返還が可能です。相談、立会い、レポート提出など、目に見える行為を行っていない場合、返還請求が可能です。詐欺といえるかどうかは微妙ですが、多くの場合返還に応じることが多いので表面化しません。

 法的根拠は不当利得です(民703条 1他人の財産または労務によって利益を受けたこと、2そのために他人に損失を与えたこと、3受益と損失との間に因果関係があること、4法律上の原因がないこと)。

 ★民事法務の専門家たる行政書士としての回答です(行政書士法第1条の3第3号 法定外業務 法規相談)。具体的訴訟事件につき一方当事者に有利な法解釈の当否を論ずるものにあらず。許認可手続きの申請代行に限らず、企業法務の相談もOKです。
質問者: 返答済み 3 年 前.
こちらから、『それなりのご対応をさせて頂きます』と連絡したところ、今日の朝一番に『帳簿の記帳代行費用を返金、送金したので確認して下さい。』との連絡がありました。この問題は返金で済まされるのでしょうか?何か有効な対応の仕方があれば教えて下さい。宜しくお願いします。
専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.
返金されたわけですか。

 記帳代行は誰がやっても違法ではありませんから(税務申告は税理士以外のものがすると税理士法違反)、その費用まで返金してきたのですから、後ろ暗いところがあるのでしょう。

 行政書士・司法書士のような国家資格者ですら、問題を起こすのですから、コンサルはなおさらです。できたらもう係わり合いにならないことです。

 許認可事務は行政書士、登記は司法書士の業務ですから、資格のないものが報酬を得て行なう行為は、行政書士法違反、司法書士法違反になるので、同罪で告訴することは可能でしょう。

 行政書士会、司法書士会に問い合わせてみるとよいでしょう。

 ★民事法務の専門家たる行政書士としての回答です(行政書士法第1条の3第3号 法定外業務 法規相談)。具体的訴訟事件につき一方当事者に有利な法解釈の当否を論ずるものにあらず。許認可手続きの申請代行に限らず、企業法務の相談もOKです。
kionawakaをはじめその他名の会社設立・企業法務カテゴリの専門家が質問受付中

会社設立・企業法務 についての関連する質問