JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 会社設立・企業法務
満足したユーザー: 1384
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 会社設立・企業法務 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

独占販売禁止法について。 建設現場において建設会社の許可を得てお弁当の販売をすると言うシステムなんですが、 その

質問者の質問

独占販売禁止法について。
建設現場において建設会社の許可を得てお弁当の販売をすると言うシステムなんですが、
その場において沢山売れるということはわかっています。
しかし、そこの建設会社は1件しか入れず他の店は入れていません。
以前他の建設現場では、一件だけいれると独占販売禁止法にかかるから、きたところは全部入れますって言われたことを思いだしました。
どうなんでしょうか?
前者の話は独占販売禁止法にかかるのでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 会社設立・企業法務
専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.
 かかります。

 一般指定第1項「(共同の取引拒絶)正当な理由がないのに、自己と競争関係にある他の事業者(以下「競争者」という。)と共同して、次の各号のいずれかに係る行為をすること。

 一 ある事業者に対し取引を拒絶し又は取引に係る商品若しくは役務の数量若しくは内容を制限すること。

 二 他の事業者に前号に該当する行為をさせること。」
 いわゆるボイコットを正当な理由なくして行うということです。


★民事法務の専門家たる行政書士としての回答です(行政書士法第1条の3第3号 法定外業務 法規相談)。具体的訴訟事件につき一方当事者に有利な法解釈の当否を論ずるものに非ず。許認可手続きの申請代行に限らず、企業法務の相談もOKです。

会社設立・企業法務 についての関連する質問