JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 会社設立・企業法務
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 会社設立・企業法務 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

同族経営の社長が会社のお金を私的に流用していました。 会社には多額の借金があるにもかかわらず年間4千万もの使い込み

解決済みの質問:

同族経営の社長が会社のお金を私的に流用していました。
会社には多額の借金があるにもかかわらず年間4千万もの使い込みをしていました。
彼は今、会社をつぶそうとしています。母親が役員だったのですが勝手にハンコを作成し
役員を外れる手続きをしていて役員が退任になっていました。
架空の従業員を雇っていることにして給料をとっていた(700マンほど)
社長の私的経費が別で4000万円です。
株式会社なので私たちの持ち株では半数に満たされません。
特別背任容疑で刑事告訴したいのですができますでしょうか?
それから社長を解雇したいのですができますか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 会社設立・企業法務
専門家:  jo-ban 返答済み 3 年 前.
弁護士です。

刑事告訴はもちろん可能です。
証拠をできる限り集めて警察に相談してください。
額も大きいので、事件化する可能性も十分にあります。

次に解雇ですが、これは株主総会にお任せする事項です。
ですから、それまでに刑事告訴をしておいて、株主にわかるような状態にしておくことが必要です。そのようにして解任に賛成する株主を増やしてください。

差し押さえについては、仮差し押さえというものと差し押さえというものがありますが、
いずれにせよ裁判所の利用が必須です。
すぐということであれば、仮差し押さえしかありません。
これに関してはネットではなく、法律事務所に足を運んだ方がいいです。
会社に損害が生じているのですから、可能性は十分にあります。
jo-banをはじめその他名の会社設立・企業法務カテゴリの専門家が質問受付中

会社設立・企業法務 についての関連する質問