JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 会社設立・企業法務
満足したユーザー: 36
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 会社設立・企業法務 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

実家が叔父が経営する会社の担保になっていました。 もとは亡き父が社長を勤め、病気で叔父が会社を継ぎました。 叔父

質問者の質問

実家が叔父が経営する会社の担保になっていました。
もとは亡き父が社長を勤め、病気で叔父が会社を継ぎました。
叔父が会社をついでから、社員の給与を一方的に下げ、長年勤めて
いた社員も、生活のため自ら退社しました。
その時、退職金が出た社員はいませんでした。

 叔父名義のものを叔父の娘名義にしたり、婿名義にし、会社(昨年八月頃)を売り
借金整理に当てたようですが、お金の流れが不明なことが多く、亡き父の
名義の株は、息子である弟名義で株主でもありました。

 叔父が経営してから、一度も決算報告も何の断りもなく、昨年一月に
実家が競売にかかると言われました。

 実家の家は弟名義、土地はおば名義でした。
もともとは同居していた祖母の名義で、祖母が亡くなってから叔母が
遺言状が出てきたと、その内容はこの土地は叔母に譲ると言うものでした。
そこまで遡って訴えることは出来ないと思っていますが、祖母は痴呆があり
その祖母が生きていた時、公証役場に叔母と叔父が連れて行き、土地を叔母名義に
譲る手続きを申し出たようですが、祖母の判断の能力がないということで認め
られず帰されたのを見た人から聞きました。

 叔母の名義の土地と言うこともあり、叔母が承諾しなかったため、任意売買が
出来ず、1月20日に競売結果が出、落札できず家を出ることとなりました。

 叔父は小さい事務所を借り一人で会社を続けていると言う形をとっています。
叔父の家は競売にかからず、会社の資金をやり繰りして今も変わらず暮らしています。

 競売にかかる前に、会社の帳簿を見せてもらうよう、弁護士に依頼しました。
20万かかりましたが、提出を拒否されました。
次の段階でまた費用をかけて帳簿を裁判所命令で提出してもらうと言う方法が
ありましたが、訴えたとしてもお金が返ってくるわけでもなさそうだし、実家の
お金もないので、親戚や私も反対して帳簿は見れませんでした。

 父が会社を退職した時も、退職金と言う名目で会社からお金が引き出され
ましたが実家にはお金はきませんでした。
その時にいた社員から、退職金はもらいましたか?と言われ、その事実があった
ことが分かりました。

 会社のお金を不正流用していたことを知っている元社員もいます。

 会社を売り払い、叔父の自宅は叔父の娘名義です。
 
何の説明もされず、このようなことになり叔父の会社のお金の流用を弁護士に
裁判を起こしてもらった法が良いでしょうか?

 詐欺にあったかんじです。

こういう状況に正当にならなければならなかったのか?
叔父が私的に資金を移動したことを調べてもらえるのか?
もらったほうが良いのか?

物事には時効もあると思いますがお金も余裕があるわけではないので
このままこの一ヶ月で家を出て縁を切ったらいいのかわかりません。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 会社設立・企業法務

会社設立・企業法務 についての関連する質問