JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 会社設立・企業法務
満足したユーザー: 36
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 会社設立・企業法務 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

ご相談致します。 息子が友人と二人で起業しました。会社を合同会社とし友人と代表社員と言う形で登録しました。起業する

質問者の質問

ご相談致します。
息子が友人と二人で起業しました。会社を合同会社とし友人と代表社員と言う形で登録しました。起業する際銀行等から融資をうけ、友人が借主で息子とその友人の父親が連帯保証人になりました。
昨年、息子が退職したいと申し出、受理されて役員をおりました。ただ起業の際銀行等から受けた融資の半額約324万円を25年12月までに支払えと言われ、退職できず毎月の給料から天引きされて、約93万円をその返済にあてたようですが、結局残りの230万円は支払う事が出来ず、私に相談してきました。昨年12月の給料は1円も貰えず、全額返済のために没収されたそうです。
勿論息子にも責任があるとおもいます。当然その部分については支払いしなくてはいけないと思いますが、12月で退職した息子にどれだけの支払い義務があるのでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 会社設立・企業法務

会社設立・企業法務 についての関連する質問