JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 会社設立・企業法務
満足したユーザー: 988
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 会社設立・企業法務 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

会社の代表取締社長をやっておりました父が病気のため、今月なくなりました。その後会社関係者から息子(私)に父の代わりに

質問者の質問

会社の代表取締社長をやっておりました父が病気のため、今月なくなりました。その後会社関係者から息子(私)に父の代わりに代表取締をやってほしいとの依頼がありました。父が会社のために銀行から融資を受けており、現在残高4000万ほどで私が受けないと会社はつぶれてしまうといわれて困っております。父から は全く話を聞いておらず、私は一介のサラリーマンですので、簡単にハイ受けますとは言えません。受けなければ会社は倒産し、相続する私に責任がかかるといわれています。
父名義の土地(担保物件ではない)があるので、私がなることで、融資の返済や新たな融資につなげたいのかとも思っています。万一倒産した場合私に会社の負債の支払い義務が生じるのでしょうか?
教えてください。宜しくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 会社設立・企業法務
専門家:  houmu 返答済み 4 年 前.
1.代表取締役を引き受けたことで、会社の負債についての責任を負わなくては
 ならないことにはなりません。但し、各種取引に関連して、社長の個人保証を
 求められるケースは出てくるかと思いますので、どのように対処するかが
 課題になります。

2.相続をした場合、父親の財産とともに債務も相続する事になります。
 ここには、連帯保証人としての責任も含みます。
 一般に、多くの取引で、社長やその他役員等の個人保証を求められますので、
 これらについても相続人のひとりとして、責任を追うことになります。

なお、会社が債務超過の状態にあるのであれば、これを機会に
民事再生などの手続きを利用したり、現在の会社自体は一旦倒産させてしまって、
現在の会社から営業譲渡を受けた(債務のない)新しい会社を設立し、
今後の事業は新会社で行うというようなやりかたも考えられるでしょう。

蛇足ですが、相続放棄の手続きについては延長することも可能です。
原則は3ヶ月とされていますが、家庭裁判所に申し立てをすることで、
さらに3ヶ月の期間をもらうことが可能です。
(正確には、必ず認められるわけではありませんが、一般的に3ヶ月程度の
延長は認められます。)

会社設立・企業法務 についての関連する質問