JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 会社設立・企業法務
満足したユーザー: 34
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 会社設立・企業法務 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

先日退職した会社での事ですが まず出てくるのは、 勤務していたA 私個人 私が経営している販売会社B 仕入

質問者の質問

先日退職した会社での事ですが
まず出てくるのは、
勤務していたA
私個人
私が経営している販売会社B
仕入先C、D、E
です。
もともと、BからAへは商品をC~Eより仕入れて販売していたんですが、その途中私自身がBに就職しました。
Bでは、仕入れから経理までほぼすべての業務を取り仕切る立場におりました。
仕入れの際、C, D,Eに関して言うとC,Dは直接取引をしていただき、両社より売り上げの一部をBがいただいておりました(販売手数料)
Eに関しては、間に入って欲しいとのことより、Bが仕入れAへ販売するという形を続けておりました。
私としましては、
1、もともとBという会社あってC~Eの仕入れルートを確保できたものとの判断から販売手数料や仕入販売を継続していたつもりでした。
2、ある商品がAを通すことによって市場相場よりも高くかうはめになる(Aに不利益をもたらす)のではなく、自分が入社する以前よりも安く購入することが出来ている。
などの理由より、なんの疑いもなくAがC,Dより販売手数料を受け取る、Eより仕入れAに販売するという行為を続けていましたが
これは実はそもそも違法なのでしょうか??

尚、自分がAに入社する際、Bを継続して通しての取引をどうするかの取り決めはしていません。
ただし、そのような仕入れの場面に、Aの社員の立場の私としては、私のルートが安いと思えば、金額を報告し仕入れる許可は随時いただいていましたが、Bを伝票上通すという報告は知っているものと思ってましたのでしてきませんでした。

今回、Aを退職し、経理を他の人間がした際にBの名前が出てきて、当時の上司よりクレームが入り、そんな支払は出来ない!仕入先の情報を教えろ!直接取引する!!

と言われたり、C,Dに対しても連絡がいき、いくらBに対して手数料を払っていたのか公にしてください。
などの行為で、C、Dも困惑してしまい、こちらに連絡をしてきているのですが、どうしたらいいでしょうか??
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 会社設立・企業法務

会社設立・企業法務 についての関連する質問