JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 会社設立・企業法務
満足したユーザー: 1375
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 会社設立・企業法務 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

私立学校法 51条1項にある 解散した学校法人の残余財産の帰属先を個人にしてもよいか? 現在、私立幼稚園の理事

解決済みの質問:

私立学校法 51条1項にある 解散した学校法人の残余財産の帰属先を個人にしてもよいか?

現在、私立幼稚園の理事をしていますが 少子化により 運営が難しくなりました。
解散する場合 現在の定款によると 「選定した学校法人または 教育事業を行う公益法人に帰属する。」とありますが 定款を 個人に変更することは可能ですか?
青森県の学事課は、厳しいですが 定款を変更させたい場合 上手な言葉はありますか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 会社設立・企業法務
専門家:  kionawaka 返答済み 4 年 前.

?「選定した学校法人または 教育事業を行う公益法人に帰属する。」

の後に

 「但し、理事の過半数の議決及び承認により、個人に帰属させることを妨げない」

というような文言を入れることが考えられます。

 

 

 

*許認可手続きの申請代行に限らず、企業法務の相談もOKです。契約法務の専門家たる行政書士として、行政書士法第1条の3第3号に基づく回答です。具体的訴訟事件につき一方当事者に有利な法解釈の当否を論ずるものに非ず。

kionawakaをはじめその他名の会社設立・企業法務カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

認定こども園の許認可手続きの申請代行の費用を教えてください。

専門家:  kionawaka 返答済み 4 年 前.

 行政書士業務の報酬規定は廃止されていますので、完全自由化であり、個々の行政書士事務所にお問い合わせいただくのがよいかと思います。

 

 以前は報酬規定は登録免許税を基準に考え、文書・図面等の量、難易度を考慮して、決定していたようです。

 

 行政書士の場合は、登記の専門家司法書士のように一枚いくらというかたちではなく、登録免許税と同額いただく、またはその半額という形であったと思います。もっとも、高度の考案を要する書面かどうかで区分けする方法もありましたし、そういう事務所もあります。

 

 いずれにしても、総額と明細をキチンと見積もってもらうことです。

 

 

 

 文書の難易度等を考慮すると、中程度の難易度ですので、相場的には70,000~200,000円ということころでしょう。事務所によっては減額してくれるところもあるでしょうし、外注でたどえばこの業務は●●士(登記、図面、財務諸表の場合等が多い 司法書士、調査士、税理士)に外注します、という場合は外注費は別途かかることがあるので、外注費もコミかどうかよく尋ねてください。

 

 また代書だけで、提出はご自身で、という場合は、少し安くなるでしょう。これに反し、住民票・戸籍・登記事項証明書も何もかもお任せという場合は、立替費用も入るので、高めになるでしょう。

 

 また認可後も定期報告というのもありますので、認可もらったら、あとはほったらかし、しらんぷりというのもあまりよくないですね。

 

 飛び込みで事務所へ行くより、顧問税理士等からの紹介、又は行政書士会に問い合わせて紹介を受けるのがよいでしょう。

 

 以下、相場をみるのに参考にしてください。

 

http://www.nagisa-office.com/category/1901889.html

 

 

http://office-sakuranomori.com/index.php?%E8%AA%8D%E5%AE%9A%E3%81%93%E3%81%A9%E3%82%82%E5%9C%92%E3%81%AE%E8%AA%8D%E5%AE%9A

 

 

 

 

 

 

*許認可手続きの申請代行に限らず、企業法務の相談もOKです。契約法務の専門家たる行政書士として、行政書士法第1条の3第3号に基づく回答です。具体的訴訟事件につき一方当事者に有利な法解釈の当否を論ずるものに非ず。




kionawakaをはじめその他名の会社設立・企業法務カテゴリの専門家が質問受付中

会社設立・企業法務 についての関連する質問