JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 会社設立・企業法務
満足したユーザー: 34
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 会社設立・企業法務 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

親族経営の会社のもめごとのおさめ方

質問者の質問

親族経営の会社をしております。父が代表取締り役(98)。6年前、姉の夫(後継者予定だった)と折り合いが悪くなり、姉の夫は独立しました。が株を200株持っており社外取締りで残っています。 その後6年間うち(私の夫)が経理を担当して経営しておりました。


 今回の決算後、うちの給与取り分が高すぎる(経費に私的な部分が多い、交通費の2重どりがあった)ということで会計資料の提示を求められました。


 その後、 提示資料の中で、中退金をこの6年のうちにうちが1万円を3万円に上げているのは、取締役会の承認がないので、これだけでも懲戒処分にあたることである。額を減額にサインし、またあげた金額は会社に損害を与えていたことだ。(その他、経費の私的流用が多いなど) 外注発注より外注収入が多いのは架空発注で犯罪だ。(架空発注?の意味はこちらにとっては不明です) などといわれ、経理はすべて姉の夫が行うので、経理の移管を迫られています。どこまで どのように対応すればよいのか途方に暮れております。


ちなみに1年に1回決算時に税理士さんをまじえて、姉の夫とうちの夫、そして監査役である兄で「取締役会」を開いてはおります。ただ議事録などはほとんど作成しておりません。


 


まとめると「父の会社(代表取締はまだ98歳の父)に損害を与えた」との主張で、損害賠償を求めようとしているのか?なにか経理の資料の中の「犯罪的な部分」をなんとか探し出し「特別背任、横領」の罪に問おうとしているのか?彼の目的ははっきりはしておりません。が、そのような言葉でメールを送ってきたり、取引先の知り合いに話に行ってみたり従業員に電話をしたりされて、大変苦しい思いです。


 


今預かっていた6年間の税務書類や領収書を新しく雇った会計士に計算し直しさせて、弁護士に相談しどのような処理ができるか考えているようですが、どのような処分ができるのでしょうか?


 


更に今では、経理のずさんさからまかせていられないので自分が自分のつくった会社は人に任せて、父の会社の代表取締役になる・・・・・との主張にかわりました。


もしくは、社員を自分の会社に入れる(仕事そのものを自分の会社で取る)のが目的なのかもしれません。


 


弁護士さんの無料相談では、事件が起きているわけではないので間に立って話し合うということは受けている人もいるかもしれないけど、自分はうけていない・・と言われてしまいました。

投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 会社設立・企業法務

会社設立・企業法務 についての関連する質問