JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 会社設立・企業法務
満足したユーザー: 1375
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 会社設立・企業法務 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

建築途中の土地・建物を相続しました。大工側から 300万の請求があり、お金を支払わなければ 残りの工事もしないし、

質問者の質問

建築途中の土地・建物を相続しました。大工側から 300万の請求があり、お金を支払わなければ
残りの工事もしないし、引き渡しも行わないと言われています。そのためこちらから、行為時の進捗状況及び工事の経緯の分かる図面・書類等(図面や確認済証・見積書・契約書)の提示を求める要望書を大工宛てに出しました。回答は、契約書は交わしていない。図面・見積書はない。残工事については、販売店からの見積書(合計150万程度)のは受け取りました。着 工にあたり契約金として1000万は支払い済みです。工事代金を受け取ってからでないと工事が出来ないのであれば、仕事完成義務や履行不能の観点から、履行不能に基づく契約解除はできないでしょうか。
今後は、施工者を変更し、完成させて建物の登記を行いたいと考えています。
この行為が違法ではないか、また他に法的な問題がないかアドバイスをいただければと思います。
何卒よろしくお願い申し上げます。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 会社設立・企業法務
専門家:  Ryoko-Mod 返答済み 4 年 前.
質問をご投稿いただきありがとうございます。こちらはJustAnswerユーザーサポートです。

残念ながら、ご投稿の質問への回答が現時点ではまだ寄せられていないため、質問の優先順位を上げております。また、質問内容が明瞭かや、ご設定の質問料金が適切かなども再度ご確認ください。
専門家:  kionawaka 返答済み 4 年 前.

 

>回答は、契約書は交わしていない。図面・見積書はない。残工事については、販売店からの見積書(合計150万程度)のは受け取りました。着 工にあたり契約金として1000万は支払い済みです。

 

→請負人が仕事完成義務を履行せず、注文者の相続人に対して残代金支払いを求めてきた場合の対処ということだろうと思います。

 

 請負人は、適当な時期に仕事に着手し、契約に定められた内容の仕事を完成する義務を負います。

 

 請負人が仕事に着手すべき時期について特約がある場合は、その時期から遅滞に陥り(民412条1項)、特約がないときは、注文者が催告したときから遅滞に陥ります(民412条3項)。よって請負人が着手を怠るときは、注文者が原則として民541条によって契約を解除できます。

 

 請負代金は、特約なき限り、後払いですから、代金の提供のないことを理由として着手を遅延することは許されません。但し、代金の一部を前払いする特約がある場合には、その提供があるまでは着手を拒むことができます(民533条 同時履行の抗弁権)。

 

 請負人は、契約の内容(たとえば設計図)に従って仕事をしなければなりません。

 

 請負人が、仕事の中途で、その責に帰すべき事由によって仕事を中止した場合は、あたかも仕事に着手しない場合と同様に、注文者は、その仕事の履行を催告し、-もし中止に

よって期日までの完成が不能となったときは、催告をしなくてもー契約を解除することができます。

 

>大工側から 300万の請求があり、お金を支払わなければ
残りの工事もしないし、引き渡しも行わないと言われています。

 

 →なお注文者の報酬支払い債務について。後払いを原則とします。すなわち、仕事の目的物の引渡しを必要とする場合には、引渡しと同時に支払うべきであり、引渡しを必要としない場合には、仕事が完成したときに支払うべきです(民633条)。

 

 但し、特約によって全額を前払いとし、または仕事の進行に応じて分割払いとすることも妨げません。

 

 イ 前払いの特約があれば、前払いがあるまで、請負人は、仕事に着手することを拒むことができまる。また分割払いの特約があるときは、前の部分に対する支払いがあるまでは、後の部分の仕事の継続を拒むことができます。

 

 ロ 請負人は、完成された仕事の結果に対して報酬を受け取るものですから、仕事の完成が不能となるときは、前払いを受けた報酬を不当利得として返還しなければなりません。但し、その前払いが注文者の所有として材料を購入するためであったり、そのときまでにできた仕事の結果を注文者の所有とするためであるときはー注文者の所有物が滅失・毀損したことになるだけだから、返還する債務を負いません。

 

 大部分完成している場合は、解除ー受領すみの前払い代金の不当利得返還請求を行うよりも、残代金支払い請求を撤回させ、残工事終了後引渡しの際に代金を支払う旨の再契約(確認書)をとるほうがよいでしょう。

 

 

 ★民事法務ー契約書業務として行政書士法第1条の3第3号(法定外業務 法規相談)に基づき回答しました。具体的法律事件につき一方当事者に有利な法律的主張の当否を論ずるものにあらず。許認可手続きの申請代行に限らず、企業法務の相談もOKです。

会社設立・企業法務 についての関連する質問