JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 会社設立・企業法務
満足したユーザー: 2225
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 会社設立・企業法務 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

売買契約書の有効期間は何年ですか?

解決済みの質問:

売買契約書の有効期間は何年ですか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 会社設立・企業法務
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
司法書士です。


売買契約書自体に有効期限はありません。

しかし、売買代金債権には消滅時効があり、2年で時効になってしまいます。



このような債権の消滅時効は、その途中で時効が進むのをストップさせることはできます。消滅時効の進行をストップさせ、いったんゼロに戻すことを、消滅時効の「中断」と言います。中断された時効は、再度一から数え始めることになります。

消滅時効の「中断」は、次のような3つの場合に生じます。
①請求
② 差押え、仮差押え又は仮処分
③承認

ここでの「請求」とは裁判上の請求(訴訟提起など)を言います。たとえ内容証明郵便で請求書を送付しても、それは「催告」となるだけで6ヶ月以内に裁判上の請求(訴訟など)をしなければ消滅時効は中断しません。

債権が消滅時効にかかりそうな場合、上記のように訴訟提起する方法もありますが、「③承認」を生じさせるため、債務者から「債務を認める旨の書面」「分割弁済を約束する旨の書面」などを書いてもらうということも有効です。


質問者様のケースでは2006年の契約ということなので、上記の時効の中断がなければ、残念ながら時効により債権は消滅してしまっています。
しかし、もし相手が時効を主張する前に、今からでも相手に「債務を認める旨の書面」を書いてもらえば、相手は消滅時効を主張できなくなるので、何とか書面を書いてもらいましょう。そうするしか、代金を回収できる手段はなくなってしまいます。
質問者: 返答済み 4 年 前.
知りたいのは この売買契約書そのものが 代金不払いなので無効ではないのですか?
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
もう一度確認させてください。

株式は既に相手に渡しているのですよね?

質問者: 返答済み 4 年 前.
いいえ 渡していません。契約書のように支払っていませんから 契約書は無効と思うのですがーー
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
なるほど、そうだったのですか。

代金を支払ってくれないからといって、勝手に売買契約を無効にすることはできません。

ただ、ずっと契約に縛られるということも質問者様にとって酷な話です。


そこで、法律に則って契約を解除することによって、契約を無効にすることができます。

法律が定める要件を充たせば、質問者様の一方的意思表示により契約を解除することができます(これを法定解除といいます)。

例えば「1週間以内に代金全額を支払って下さい。さもなければ、契約を解除します。」と通知しておけ ば、改めて契約を解除する旨の通知をしなくても、1週間が経過すれば契約は解除されます。

法定解除をするときは、証拠を確保するために、「支払の催促」及び「契約を解除する旨の通知」(又はこれらを併せたもの)を、いずれも配達証明付き内容証明郵便で行う等して下さい。

上記の手続きをしておけば、相手は契約書を盾に株式を売り渡すよう要求をすることはできなくなります。
逆に上記の手続きをしなければ、いつまでも契約に縛られることになってしまいます。早めに行動することをお勧めします。
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
質問には答えましたが、何が不満なのでしょうか?理由を記してくれなければ分かりませんので、理由を示してください。
shihoushoshikunをはじめその他名の会社設立・企業法務カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

株式は先方へ引き渡しずみでした。 支払はされておりません。 私としましてはこの契約を無効にしたい。 時効はないのですか?


 

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
株式を引き渡し済みならば、一番最初に回答した通りです。

時効により無効にはできません。法律で決まっていることだからです。

むしろ、代金債権が時効になり消滅しています。相手に「債務を認める書面」を書いてもらう他は解決する方法がありません。
この回答で満足していただけないのであれば、今後は回答権を放棄し、回答いたしません。


会社設立・企業法務 についての関連する質問