JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 会社設立・企業法務
満足したユーザー: 36
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 会社設立・企業法務 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

平成24年1月に妻が自宅を出ていき、その後、調停→裁判中です。 私は一部上場企業在籍中に、妻を代表取締役で会社を設

質問者の質問

平成24年1月に妻が自宅を出ていき、その後、調停→裁判中です。
私は一部上場 企業在籍中に、妻を代表取締役で会社を設立しました。その後事業開始1年半が経過し軌道に乗り始めた頃、私が勤務先を退職し、私たち夫婦が設立した会社へ就職しました。
その会社で私と妻の二人で仕事をしていました。ところがあることをきっかけに妻が離婚訴訟を起こしてきました。
私が会社へ行っても妻は帰ってくれと言い、私を会社へ寄せつけなくしました。そして私はアルバイト生活になってしまいました。一方妻はその会社で720万円の報酬を受けています。
そこで質問ですが、妻が私にしたことは不当解雇にあたらないのでしょうか?
また不当解雇だとしたらどの位のお金を請求できるのでしょうか?
アドバイスお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 会社設立・企業法務

会社設立・企業法務 についての関連する質問