JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 会社設立・企業法務
満足したユーザー: 935
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 会社設立・企業法務 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

同族会社の中小企業の専務取締役をしております。会社の株の42.5%をもっております。実兄が、53%ほどの株主です。営

質問者の質問

同族会社の中小企業の専務取締役をしております。会社の株の42.5%をもっております。実兄が、53%ほどの株主です。営業ばかりしておりましたので、経理関係はまったくわかりません。会社の決算書を見たいのですが、実兄に必要ないといわれたことがあります。実兄との関係が悪くなろうとも会社の決算書を見る権利は
あると思うのですが、法律的に教えてください。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 会社設立・企業法務
専門家:  houmu 返答済み 4 年 前.
1.会社法433条で、3%以上の議決権を持っている者に対して、帳簿閲覧権が
 認められています。会社は、請求者が競業者であるなど、一定の事由に該当
 する場合を除いて、拒絶できません。
2.取締役の解任は、取締役会ではなく株主総会で行います。
 定款で特に定められている場合を除き、過半数の議決権で解任可能ですから、
 実兄がもつ53%の議決権でいつでも解任可能な状態ということになります。

 
なお、上記に記載した、拒絶できる場合というのは以下の場合です。
1.請求者がその権利の確保又は行使に関する調査以外の目的で請求を行ったとき。
2.請求者が当該株式会社の業務の遂行を妨げ、株主の共同の利益を害する目的で請求を行ったとき。
3.請求者が当該株式会社の業務と実質的に競争関係にある事業を営み、又はこれに従事するものであるとき。
4.請求者が会計帳簿又はこれに関する資料の閲覧又は謄写によって知り得た事実を利益を得て第三者に通報するため請求したとき。
5.請求者が、過去2年以内において、会計帳簿又はこれに関する資料の閲覧又は謄写によって知り得た事実を利益を得て第三者に通報したことがあるものであるとき。
houmuをはじめその他名の会社設立・企業法務カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

返信に満足しています。ところで、決算書の閲覧が拒絶されないこと納得しましたが、単に、第三者に当社の株価を評価してもらうこが目的で、それ以外の
悪意をもっておりません。私が閲覧しても、株価がわかる筈もなく、決算書をコピーしたいと思っております。この目的にて、決算書をコピーすることが拒否されることがありますか?

専門家:  houmu 返答済み 4 年 前.
決算書はもちろん、現金出納帳や総勘定元帳など、より詳細な決算資料についても、
閲覧・謄写(コピー)が認められています。
質問者: 返答済み 4 年 前.

上記の続きとなりますが、やっと実行に移し、決算書一式を見せるよう社長と経理部長に要請しました。すると、閲覧は構わない、貸借対照表と損益計算書は謄写も許すが、別表の謄写は、許さないとのことでした。悪意をもった謄写ではないと伝えたのですが、「うちらのような中小企業では、社長が不可と言ったら不可だ、法律で許されていようといまいと関係ない」との一点張りです。更に「会社の株価等を調べたいのであれば、会社の税理士のみの意見をつたえてやる」との付け加えもありました。


どのようにすれば会社の別表を謄写できるのでしょうか?社長の間違った認識を正すには、どのような人間から言わすべきでしょうか?会社の税理士に相談したらどのような回答が得られるでしょうか?恐らく、会社の税理士は、社長と部長の側の人間と思われます。教えて下さい。


 


 

質問者: 返答済み 4 年 前.
再投稿:その他.
先ずは、もちろん同じ先生に回答いただくがベストですが、早く回答が欲しいので、公開するだけです。
質問者: 返答済み 4 年 前.

やはり同じ先生でないと今までの経緯が不明にて回答が得られないようです。そこで、お聞きします。私がもっている会社の株の評価を、現在会社で契約している税理士さん以外に、評価してもらうことは法律違反になりますか。
現在会社が契約している税理士さんを信用しないという訳ではありませんが、


私は、ほとんど話をしたこともなく、公平な評価かどうか別の税理士さんに評価してもらいたいのですが。


 

質問者: 返答済み 4 年 前.

先日は、ありがとうございました。私は、二つの会社の役員になっております。
販売中心のA社とそのA社に土地と車などを貸し付けている不動産会社B社となります。私は、A社の株の42.5%をもっており、B社の株も12%ほどもっております。先日は、A社の決算書を謄写することができました。しかしながら、B社の決算書も謄写したいと思っております。ところが、A社の決算書の閲覧、謄写の際も、事前に連絡してからでないとみせることができないといわれました。やはりB社の決算書もよくみないとA&B社の全容が見えません。


そこで、B社の決算書を営業時間内に行った場合、その時に閲覧、謄写は


できるものでしょうか?正直なところ、事前に連絡しないと見せないといわれたことで、多少疑いがあります。つまり、一部欠落した決算書を提示されているのではないかといった疑いです。従い、いきなりB社に出向き、決算書をその場で提示させることが可能かとの質問です。


 

会社設立・企業法務 についての関連する質問