JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
mezasesakurasakuに今すぐ質問する
mezasesakurasaku
mezasesakurasaku, 平成25年6月末弁護士登録抹消確定
カテゴリ: 会社設立・企業法務
満足したユーザー: 271
経験:  京都大学卒業弁護士
69318065
ここに 会社設立・企業法務 に関する質問を入力してください。
mezasesakurasakuがオンラインで質問受付中

射出成形品の製造会社です。客先からのクレームで相談です。中国から客先(日本)に納入した物から、部品の一部に破損が

解決済みの質問:

射出成形品の製造会社です。客先からのクレームで相談です。 中国から客先(日本)に納入した物から、部品の一部に破損が発覚。選別依頼を受けました。 納入日は、2012年9月で8ヶ月も経過しており、すでに検収も完了しているものです。 不具合品の無償提供は、了解しようと思いますが、選別作業は客先にお願いできないものか相談です。

投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 会社設立・企業法務
専門家:  mezasesakurasaku 返答済み 4 年 前.

はじめまして、弁護士をしております。

一つ確認させてください。

客先というのは、お商売をされている方ですよね?

つまり、一般の消費者ではないですよね?

質問者: 返答済み 4 年 前.

よろしくお願いします。


私どもは、協力工場としての部品メーカです。


客先と言うのは、その部品を納入する先となります。


いわゆるメーカです。


 

専門家:  mezasesakurasaku 返答済み 4 年 前.

なるほど、でしたら、話は早いですよ。

判例及び商法の文言上、商人間の場合、6か月たってからは、瑕疵担保責任を追及できません。

ですので、実は、無償交換も応じる必要は、法的にはないのですよ。

とはいえ、そう言って断るとかどがたち、今後の取引にも影響がでますでしょうから、それを配慮して、無償交換されるということなのでしょうし、

ひとまず、そのあたりはふせて選別作業をお願いして、いや、そんなのいやだと、言われましたら、そもそも無償交換も法的義務ではなく、サービスなのですよ、といって、交渉されればよいのではないでしょうか。

質問者: 返答済み 4 年 前.

想像していたとおりで安心しました。


 


先生がおっしゃる通り、


今後の取引関係を考慮し、無償代替えとするつもりです。


 


勉強のためにご教示頂ければ幸いですが、


「法的義務は無いのですが、、。」の法的とは?


たとえば、中小企業保護法とかでしょうか?


 

専門家:  mezasesakurasaku 返答済み 4 年 前.

いえいえ、ここでいう法的というのは、すべての法律と考えてくださってかまいませんよ。

 

通常、商人の商取引では、商法が適用されますが、今回は、この商法上、責任を負わないと明確にされています。

で、さらに、ほかに、このような瑕疵の責任について規定しているような特別法(個別法と表現したほうがよいでしょうか)はない、

よって、すべての法律から考えて、法的責任がない、という意味となります。

 

ですので、今後もこのようなことがあれば、検収後6か月もたったら瑕疵担保責任を負うべきと定めている法律はない、と安心して、ご主張していただければと思います。

質問者: 返答済み 4 年 前.

ありがとうございました。


検収後何日以降と決まっていますか?

専門家:  mezasesakurasaku 返答済み 4 年 前.

 

決まっていますよ、

 

正確に申し上げますと、

1 受領後ただちに検収をしなくてはならず、

2 受領後6か月以内に瑕疵を発見してその瑕疵について直ちに通知しなければ、瑕疵の責任は追及できないということになっています。

 

ですので、検収後から、6か月と、瑕疵の通知の連絡にかかる日数と受領と検収の間の余裕を考えてもさらにプラス1週間程度

以降であれば、いくら要求されても、応じる必要はないですね。

mezasesakurasakuをはじめその他名の会社設立・企業法務カテゴリの専門家が質問受付中

会社設立・企業法務 についての関連する質問