JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
mezasesakurasakuに今すぐ質問する
mezasesakurasaku
mezasesakurasaku, 平成25年6月末弁護士登録抹消確定
カテゴリ: 会社設立・企業法務
満足したユーザー: 271
経験:  京都大学卒業弁護士
69318065
ここに 会社設立・企業法務 に関する質問を入力してください。
mezasesakurasakuがオンラインで質問受付中

以下のようなことを考えておりますが、法的なリスクはございませんでしょうか?ご相談に乗っていただければと思います。

解決済みの質問:

以下のようなことを考えておりますが、法的なリスクはございませんでしょうか?ご相談に乗っていただければと思います。
・短時間勤務者を子会社に出向させます。
・あわせて、子会社に親会社から、ある業務を委託します(ここでは親と子の間で、業務委託関係になります)。
・子会社では、出向者にその業務を遂行してもらいます。
・委託した業務が少ない場合は、子会社の業務も出向者に遂行してもらいます。

また、業務委託料金の設定や清算方法などにガイドラインがあればご教授いただければ幸いです。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 会社設立・企業法務
専門家:  mezasesakurasaku 返答済み 4 年 前.

弁護士です。

 

すこし確認させてください。

 

出向と業務委託をあわせるこの手法、目的は何でしょうか?

目的によって、リスクといいますか、いろいろかわってくると思いますので。

 

それから、出向させる人の雇用関係のリスクはすでに対策されていますか?

ご質問からは、雇用関係以外のリスク、税金?のことをご心配されているのかなと考えましたので、確認させていただきたく。

 

そして、料金設定清算のガイドライン関係なのですが、

御社や子会社というのは、公益的だったり、資本として、公益的な組織の資本がはいっていますか?(いわゆる第三セクター的ですかという意味ですが)

質問者: 返答済み 4 年 前.

ご質問いただき、ありがとうございます。



ご推察の通りです。純粋な民間企業ではございません。(お察しいただければと思います)


業績に対する縛りもありますが、人件費予算管理 等の縛りもあります。


目的は組織的な調整ということになります。



出向者については面談し、了解の上、実施するよう仕組みはございます。雇用以外のリスクは想定しておりませんでした。



本来なら、洗いざらいお伝えすべきかと思うのですが、いかんせん、お伝えできる範囲が限られてしまします。申し訳ございません。

専門家:  mezasesakurasaku 返答済み 4 年 前.

 

なるほど、えっと、大体は察しました。

 

 

そういうことでしたら、おっしゃるとおり、子にのみ本人の指揮・監督させ、親はしないようにし、事前に、面談して出向した場合の雇用条件につき個別同意(書面にしておいてくださいね)をとっておけば、労務上のリスクはありません。

 

 

なお、御社の性質からして、業務委託の業務自体に関して親が子をきちんと監督する必要がありますので、これをお忘れなく。

今回出向させる本人の出向先での上司あたりから、業務委託の報告書のようなものを定期的に提出させておけば大丈夫です。

 

 

料金設定と清算は、ガイドラインを設けておいたほうがよりよいのでしょうが、そこまでの必要はありませんよ。

 

ただ重要なこととして、料金はいくつか見積もりをして一番安いところにする、というのが基本(というかしておかなくてはなりません)ですので、同じような作業をまかせたらいくらになるかを、他社にも見積もってもらって、それで、大体そこと同じぐらいに設定しておく必要があります。

 

清算自体は、普通と同じように、委託料として、締日を設定して支払さえすれば問題ないですね。

あとは、委託料の金額と清算方法に関して、親子で業務委託契約をしっかり締結してその内容を決めておけばまったく問題ありません。

 

 

親と子のお給料の違いを負担するかどうかですが、法的には負担しなくても問題ないのですが、負担して本人の不公平がないようにしないと同意がもらえないということもあり、通常は負担します。

組織内の調整、予算のしばり、業績のしばりということでしたら、おそらく、差額の負担部分程度であれば、特に問題はでないはずかと…

どちらにせよ、雇用条件につき、本人の個別同意さえあれば、リスクはありませんので、大丈夫です。

 

 

なお、これまた蛇足ですが、会計や税務のリスクとしては、上記の業務委託契約がきちんとなされ、料金設定が客観的であれば問題ありませんので、ご安心を。

 

 

とりあえず、回答は以上なのですが、これで網羅できているのか、ちょっと自信がありません。

お手数ですが、いやここが聞きたい、とかここの意味がわからないといった点について、再質問いただけますでしょうか。

mezasesakurasakuをはじめその他名の会社設立・企業法務カテゴリの専門家が質問受付中

会社設立・企業法務 についての関連する質問