JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 会社設立・企業法務
満足したユーザー: 36
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 会社設立・企業法務 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

私は広島市内水面漁業協同組合に所属しています正組合員です。組合と私との間には業務委託契約を締結して、河川での工事の際

質問者の質問

私は広島市内水面漁業協同組合に所属しています正組合員です。組合と私との間には業務委託契約を締結して、河川での工事の際の警戒船業務の仕事をしています。業務委託契約書を組合と取り交わしています。納得がいきませんが立場的に弱いので署名捺印をして仕事に付いています。質問ですが、具体的に申し上げますと工事業者から組合のほうへ仕事の発注が入ります。仕事の内容は船を出し船長と助手の2名で河川における工事の警戒を行います。工事業者から税込63,000円で組合は契約を結びますが、一人に付き税込20,000円で組合 から私達に(組合員)に代表理事の方から連絡が入り、組合員が仕事を受けるというシステムになっています。船を出す代金については何も委託契約書には書いていません。船代込での契約だと思いますが、船を出す人間と出さなくてもいい人間の委託料が同じなのには不満があります。それよりも大きな問題は63,000円から組合員に対しての委託料の残り23,000円を組合の運営費として組み入れられました。前年度は調査船等を含めまして受け入れ代金が41,328,000円で、組合員に支払われたのが25,940,000円で差し引き15,388,000円という大きな金額になりました。そもそも当組合は組合員数115名で構成され組合費の収入は年間400万円強に対し1,000万円以上の人件費を支出し、毎年警戒船業務から得た利益を運営費として組み込んでもかなりの赤字を垂れ流しています。ここで質問ですが当組合が工事業者からの委託料から組合員が受け取った金額の差額15,00万円余りのお金を勝手に組合の方へ運営費として組み入れてもいいのでしょうか?かなりの金額が運営費という名目で結局は代表理事の報酬になり人件費で消えています。そもそもこういった工事業者からのお金は他の組合が行っているように3,000円程度の組合の事務手数料を差し引き残りは仕事に出た組合員の方へ渡すというのが一般的に行われているところです。ましてこういった行為(運営費への繰入)は組合の総会での議決、承認が必要だと考えられますが、過去から一度も議決、承認は行っていません。仕事を受ける方の立場は弱いもので面と向かってモノが言えません。しかし法的にもこういった行為はおかしいのではないかと思います。よろしくお願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 会社設立・企業法務

会社設立・企業法務 についての関連する質問