JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
mezasesakurasakuに今すぐ質問する
mezasesakurasaku
mezasesakurasaku, 平成25年6月末弁護士登録抹消確定
カテゴリ: 会社設立・企業法務
満足したユーザー: 271
経験:  京都大学卒業弁護士
69318065
ここに 会社設立・企業法務 に関する質問を入力してください。
mezasesakurasakuがオンラインで質問受付中

弊社取引先の金融機関の担当者が、弊社と同名の会社の倒産情報が出てることを 弊社と断定し、取引会社へ連絡し取引先の代

質問者の質問

弊社取引先の金融機関の担当者が、弊社と同名の会社の倒産情報が出てることを
弊社と断定し、取引会社へ連絡し取引先の代表が弊社の状況を確認してきました。

その後、違う会社であることが判明し、金融機関から口頭にて謝罪を受けました。
(やりとりは続いております)

会社の情報を捏造し、情報を提供したことに対して、
個人情報保護法、銀行法等金融機関に関する法律等で違反はありますでしょうか。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 会社設立・企業法務
専門家:  mezasesakurasaku 返答済み 4 年 前.

はじめまして、弁護士をしております。

 

法律違反の前に契約違反について説明しますね。

 

そもそも御社と銀行との間には契約が存在しており、

たとえ契約書上で、「このような自社の情報をねつ造されそれを取引先に伝えることは許さない」と書かれていなくとも、

当然このような銀行の行為は許されないので、契約違反であることは間違いありません。

 

 

そして、本題となる法律違反ですが、

 

その担当者が取引先に「○○社が倒産しました」と伝えたのであれば、

基本的には、風説を流布して御社の信用を毀損したことになりますので、刑法232条違反となります。

もっとも、例外として、同じ名称の会社が倒産したということが事実で、御社と間違ってもどうしようもないというような状況であれば、刑法232条違反にはなりません。

ただ、単なる同名だけで、営業所や代表者名が異なるでしょうから、このような例外にあたるということは、通常考えられないかと思われます。

 

 

さらに、銀行法第12条の2第2項に違反するでしょうね。

ここでは、銀行は、顧客の情報を適正に管理しましょうとされていますから、わざわざ取引先に倒産したことを伝えたのであれば、「適正な管理」とはおよそ評価できず、この条文違反となります。

 

個人情報保護法のほうは、今回は、銀行法のほうが、特別な法律としてより優先適用される結果となりますので、関係なしということになります。

(刑法等犯罪系の法律以外の法律は同じとなります。)

 

 

回答は以上ですが、回答の中で不明な点、追加で質問したい点等ございましたら、返信機能を使って遠慮なく追加でご質問ください。

質問者: 返答済み 4 年 前.

お世話になります。


弊社と問題の銀行は取引がなく(借り入れもなければ、口座もありません)、


取引会社のメインバンクです。


 


説明不足で済みません。


 

専門家:  mezasesakurasaku 返答済み 4 年 前.

なるほど、取引会社のメインバンクですか。

それでしたら、契約違反(債務不履行責任)、銀行法、個人情報保護法は問題になりませんね。

考えられるとすると、信用毀損の刑法違反、およびこれに関連する不法行為責任の話となりますね。

信用毀損は、たとえ、銀行が銀行の顧客1社にのみ伝えたとしても、十分ひろまる可能性がある話ですから、「流布」にはあたりえます。

ただし、もし、担当者が、絶対これはほかにひろめないでくださいねと、その取引先にのみ教えた場合には、「流布」にはあたらないと主張され、「流布」にはあたらないと法的にも判断される可能性はあります。

このあたりの、その「銀行の顧客1社にのみ伝えたのか、それとも複数に伝えたのか」や、「その取引先に教えるときに具体的にどのように情報を伝えたのか」によって、信用毀損罪という犯罪が具体的に成立するかどうかはかわりますが、

刑法の犯罪が成立する可能性もある行為であり、不法行為に基づく損害賠償請求ができる違法行為であることは間違いないと言えます。

(損害の額などの問題はありますが…)

mezasesakurasakuをはじめその他名の会社設立・企業法務カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

ありがとうございます。


 


参考にさせていただきます。

専門家:  mezasesakurasaku 返答済み 4 年 前.

いえいえ、とんでもないです。

今回のようなケースというのは、とにもかくにも、そんな軽はずみな行為を銀行員がするというのが許せないというお気持ちの問題ではないかと思います。

もし、私が、自分の会社に関して、銀行員がそんなことをすれば、腹が立って腹が立って腹が立って仕方がないと思います。

上司(その支店の店長レベル)と一緒に出向いてきてもう一度しっかりあやまれと言いたくなると思いますので。

今後お話をされて、あなたのお気持ちがおさまる対応を相手がしてくれることを、祈っております。

会社設立・企業法務 についての関連する質問