JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
mezasesakurasakuに今すぐ質問する
mezasesakurasaku
mezasesakurasaku, 平成25年6月末弁護士登録抹消確定
カテゴリ: 会社設立・企業法務
満足したユーザー: 271
経験:  京都大学卒業弁護士
69318065
ここに 会社設立・企業法務 に関する質問を入力してください。
mezasesakurasakuがオンラインで質問受付中

加藤と申します。会社勤めをしておりましたが、金銭トラブルで自主退職いたしました。要件は会社社長の個人出納を入社11年

質問者の質問

加藤と申します。会社勤めをしておりましたが、金銭トラブルで自主退職いたしました。要件は会社社長の個人出納を入社11年11月より任されておりましたが、今年1月末で現金残と出納占め金額が240万ほど合わなくまりました。社長夫人から月50万か100万を銀行の封筒で渡されておりました。
社長の個人的な問題もあり月々報告しておりませんでしたが、合わない額が 大きく問題になりました。
200万も合わないとわわたくしも納得が行きませんが、2月1日の時点で、未だ合わない分についてどうするかとの会社との話し合いで、明確であれば240万の返済をするしかないことから、20日を
目途に返済をしますとの念書を核に至りました。2月1日から現在まで手持ちの資料を再度調べなおしてみましたが、どうしても200万を超える差が出るとは思えなくなりました。念書を入れていることも有り、返事が今日の昼過ぎなので苦慮しております。私としてはまだ確認したいことも有り、今日の返済を待っていただこうと思っておりますが、今後の対応をどのようにしたら良いかご相談したくよろしくお願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 会社設立・企業法務
専門家:  mezasesakurasaku 返答済み 4 年 前.

はじめまして、弁護士をしております。

 

たしかに、数百万円単位であわないというのは、おかしいですね。

どなたかが横領されているといった可能性もあるのではないでしょうか。

とはいえ、証拠もなくそのようなこと言うわけにもいきませんので…

 

まず、念書は、まずは気にされないことにしてください。

錯誤無効です、と言い切ってください。

 

つまり、事実関係が明瞭ではない段階で、それだけの多額の差異があると思われたからこそそのような念書を書かれたわけですが、実際には、そのような多額の差異がないかもしれないわけですよね。

 

このような状態を錯誤無効といいます。

 

厳密には、動機の錯誤となりますので、実は、つねに、念書が無効とは判断されませんが、今回のようなケースでは、実際の差異がそれほどの多額でないならば、裁判官が判断すれば念書は無効となるはずです。

 

ですので、今後なすべきことは、事実関係があきらかになり、本当に、それだけの差異が出ていたならば、念書は有効ですから、お支払はしますと、約束をしておく、

そして、事実関係を明らかにする(もしくはしてもらう)、という作業を行ってください。

 

もし、もう一度念書を出せと言われましたら、

○月○日の念書は、事実関係が不明な状態で作成したものです。

○月○日の念書は、無効ですので、破棄してください。

つきましては、事実関係が明らかになり、現預金の不足額が240万円以上であることが客観的に明らかになったときには、その事実を私が知った時点から遅滞なく、240万円を支払うことをお約束します。

というような念書にしておいてください。

このようにすれば、納得できない金銭を払わせられることはありませんので。

会社設立・企業法務 についての関連する質問