JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 会社設立・企業法務
満足したユーザー: 987
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 会社設立・企業法務 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

今月2月28日で退社です。3年前NPO法人を立ち上げた時、理事の一人となりました。まだ任期が2年残っていますが、この

質問者の質問

今月2月28日で退社です。3年前NPO法人を立ち上げた時、理事の一人となりました。まだ任期が2年残っていますが、このまま退社していいのでしょうか?それとも理事を辞任すべきでしょうか?任期が終了するまで放置することに問題はありますか?簡単に理事を辞めることはできますか?理事を辞めるには、どんな手続きが必要ですか?アドバイスをよろしくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 会社設立・企業法務
専門家:  houmu 返答済み 4 年 前.
任期中でも自由に退任可能です。
手続き的に言えば、ご質問者様が理事の辞任届を提出し、
法人としては、その辞任届を受けて、退任登記をすれば大丈夫です。

但し、NPO法人の理事の人数は、最低3人とされています。
また、各NPO法人の定款により別の規定がされている場合も
あります。
もし、ご質問者様の退任によって、3人未満になってしまう場合には、
内部的には退任は成立しているのですが、退任の登記はできず、
次の理事を選任し、登記が完了するまで、対外的には、理事としての
責任が継続することになります。

また、定款で定めている人数以下になってしまう場合も、同様なの
ですが、こちらは定款の変更で対応することも可能です。
但し、定款の変更には社員総会での承認と監督官庁の認証を受ける
必要となり、煩雑な手続きを要することになります。

houmuをはじめその他名の会社設立・企業法務カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

対外的な責任とは、どういう事態でしょうか、その対処法はありますか。

専門家:  houmu 返答済み 4 年 前.
万一、NPO法人がなんらかの事件を起こしたり、巻き込まれたりした際に、
私はすでに退任したので、その件はしりません、とはいえないということです。
この点について対処法というのは、新たな役員を専任してもらって、早く
役員登記を変更してもらう、という以外に方法がありません。

質問者: 返答済み 4 年 前.
再投稿:その他.
弁護士さんの立場での意見を聞いてみたいです。

会社設立・企業法務 についての関連する質問