JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 会社設立・企業法務
満足したユーザー: 1375
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 会社設立・企業法務 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

三年前に株主一人(資本金100万円、社員私1人)で株式会社を設立し、今日までなんとか赤字にはならず継続してきましたが

解決済みの質問:

三年前に株主一人(資本金100万円、社員私1人)で株式会社を設立し、今日までなんとか赤字にはならず継続してきましたが安定飛行にはまだ程遠い状況ですので、常に債務超過に陥る不安と背中合わせではあります。

新会社法での改定で資本金1円でも一人でも会社を設立できるようになったこと で、財力のない会社が乱立した結果、債権者保護の立場から返済不能で訴訟になった場合などに法人格否認の適用がこれまで以上に多くなり、法人とはいえ社長個人にまで債務返済の責任を負うようになるとのことで、そうならない為の対策のひとつとして、一人株主でも定時総会を毎期毎に開催し、議事録を保管しているか否かが問われるとのことですが、弊社の場合、この3年間、株主総会なんて開催したことはありません。また、そんな重要性があることすら知りませんでした。
行政書士に依頼して作成した弊社の定款によれば、決算後、3ヶ月以内に召集し株主総会を開催するように明記してありました。弊社の決算期は9月末日なので既に3ヶ月以上になりますが、前期だけでもさかのぼって総会議事録を作成できないものでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 会社設立・企業法務
専門家:  kionawaka 返答済み 4 年 前.

 役員の標準報酬月額変更届に添付の資料として取締役の報酬改定を決めた株主総会議事録が要求されることがありますが(会361条)、事後的に作成(日付はもちろんその当時にさかのぼってです)することが行われていますが、特に問題ありません。

 

 このことからすれば、事後的に総会議事録を作成することはなんら問題ありません。行政書士はこのような文書の作成も承りますので、最寄の事務所にお尋ねください。

 

 

 

■許認可手続きの申請代行に限らず、企業法務の相談もOKです。

kionawakaをはじめその他名の会社設立・企業法務カテゴリの専門家が質問受付中

会社設立・企業法務 についての関連する質問