JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 会社設立・企業法務
満足したユーザー: 1355
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 会社設立・企業法務 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

【業務提携契約を結んだ方との問題について】初めてご質問させて頂きます。当社は、PR業務を行っています。業

質問者の質問

【業務提携契約を結んだ方 との問題について】

初めてご質問させて頂きます。
当社は、PR業務を行っています。業務上モデル紹介業務も必要であり、委託業務契約書により1年間のモデル委託契約を交わした後に売り込みやPRをしています。

1件目は、
モデル契約をしていた方が、どうしてもお仕事が欲しく実績をつくるために無償でもモデルを行うので売り込んで欲しいと言われました。
そのため、知人を含めましてメールと訪問により売り込みしました。
ご本人が生活のために歯科医院にお勤めになるとの事で、お休みの日にあわせてお仕事して頂く事を条件に承諾したのですが、その後全く連絡が来なくなりました。
売り込みをしていたため、シフトをお知らせくださる事やお休みの日を連絡くれるようにメールをしましたが返信もなく。
売り込み仕掛けでしたが営業を断念。全ての時間や見本に制作したWebサイトが無駄になりました。
半年以上前ですが、この無駄になった業務に対して、損害賠償になるのかどうかわかりませんが請求はできるでしょうか?

2件目は、
フリーランサーとしてモデル業務をしていくという方に、バックアップを兼ねてモデル料をわずかですがお支払いし、当社のモデルPR業務の見本としてPR用のWebサイトを制作しました。
これも、業務提携で1年間。
約3ヶ月後に「副業禁止になるお仕事に2013年からつくためできなくなります。」と連絡がありました。
まず、個人事業のはずが「副業」と疑問にもち怪しいため、そのモデルで制作し売り込み中のサイトを別のジャンルに変更しました。調べてみると、フリーランサーではなく、キャンペーンガールとして、当社と業務提携する前赤ら所属していました。
フリーランサーだから、モデル料を支払い当社負担でWebサイトを制作しPRしましたが、最初から単なる副業モデルがフリーランスのふりをしていただけでした。
そのため、当社サービスのモデルPR業務自体を副業モデルでPRしていた事になり、かかった経費だけではなく、計画していた売上見込みもなくなってしまった状態です。
これは、詐欺と損害賠償になるのかもお教えください。

お恥ずかしい話ですが、どちらも無責任な契約相手に泣き寝入りになってしまうのが悔しくてなりません。
宜しくお願い致します。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 会社設立・企業法務
専門家:  kionawaka 返答済み 4 年 前.

 業務委託契約書に契約の一方的解除による損害賠償の条項があれば、それによります。

 

 しかしおそらく明記されていないと思います。

 

 その場合は逸失利益の算定を正確にすることができるか否かがカギです。それを正確に算定できるならば、債務不履行を理由に損害賠償請求が可能です。

 

 

 ■許認可手続きの申請代行に限らず、企業法務の相談もOKです。

質問者: 返答済み 4 年 前.

ご回答頂きありがとうございます。


1件目は無理だとわかりました。


 


2件目ですが、当社は別の事務所に所属している人とは業務提携契約しない事にしています。


途中で契約解除の問題よりも、本来契約しない条件を騙されて契約し、他社のモデルさんをPRしていた事になった事が大きな問題です。


制作した自社Webサイト(素材で対象モデル画像使用)、お客様のために制作したWebサイト(サービス説明の体験モデルをしてもらっていた画像)を再度制作し直さなければならなくなりました。


業務委託契約書には、虚偽があった場合の賠償請求はありませんが、実際に損害が出ています。


これは、どのようにしたらいいでしょうか。

専門家:  kionawaka 返答済み 4 年 前.

 詐欺により二重契約を締結されられたことによりこうむった損害ということになります。

 

 だまされた手口、または錯誤に陥った事情をいかに詳細に収集できるかにかかります。

 

 詐欺の場合は取り消し、錯誤の場合は無効、となりますが、いずれも原契約をなかったことにして、損害賠償を請求することになります(法律構成はもっとつめないといけませんが)。

 

 いずれにしても債務不履行(履行不能)を証明すべきことになります。ⅰ履行の不能なこと、ⅱ債務者の責に帰すべき事由によって不能になったこと、ⅲ履行不能が違法なものであること、の証明が必要です。

 

kionawakaをはじめその他名の会社設立・企業法務カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.


ありがとうございました。


契約を一旦無効にして、実際に制作した業務の正規料金と、問題によって起こった営業停止を再開するための費用を請求できるように具体的に動きます。


 

専門家:  kionawaka 返答済み 4 年 前.

 なお、契約していたならば(何年契約かわかりませんが)得られたであろう利益(得べかりし利益)の請求も可能かと思いますので、ご考慮ください。

 

 

質問者: 返答済み 4 年 前.


ありがとうございました。直接、ご相談はできないのでしょうか?

専門家:  kionawaka 返答済み 4 年 前.

 申し訳ありませんが、このサイトは直接の接触を禁じていますし、事務所名等を記載することも禁じられています。

 

 最寄の弁護士会・司法書士会(県会)では直接面談も可能と思いますので、本サイトでの下相談の上、論点・事案の概要をまとめて、相談にいかれれば、効率的なアドバイスが受けられると思います(飛び込みでは事案の把握に骨がおれ、30分が過ぎてしまいますから)。

質問者: 返答済み 4 年 前.

そうでしたか。残念ですが了解しました。また、契約書関連などご相談させてください。ありがとうございました。

専門家:  kionawaka 返答済み 4 年 前.

 申し訳ありません。がんばってください。

 

 なお、契約関係については「契約書式の作成全集」(自由国民社)をあげさせていただきます。同社にはそのほか「法律の抜け穴全集」などなかなか面白い本があります。

会社設立・企業法務 についての関連する質問