JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

gyoenlegalに今すぐ質問する

gyoenlegal
gyoenlegal, 司法書士
カテゴリ: 会社設立・企業法務
満足したユーザー: 485
経験:  中央大学法学部卒業渉外法律事務所・司法書士事務所を経て新宿にて司法書士事務所を開業
70015703
ここに 会社設立・企業法務 に関する質問を入力してください。
gyoenlegalがオンラインで質問受付中

法律範疇を超えた部分のご相談になるかと思います。 お答え頂ける範囲でけっこうです。 ご教示のほどよろしくお願いい

解決済みの質問:

法律範疇を超えた部分のご相談になるかと思います。
お答え頂ける範囲でけっこうです。
ご教示のほどよろしくお願いいたします。

さて、
現在、経営者と株主が同一の企業で管理部門長を行っております。
当社は4名の部長にて、重要ポストが構成されており、
役員はおりません。
また、それら4名の部長については、管理監督者にはあてはまっておりません。
つまり、取締役は管理監督者を含め、社長一名ということになります。

部長を含めた全社員40人がほぼ一年以上平均80時間の時間外労働を
しており、実質全てサービス残業です。
しかしながら、(経営戦略の甘さから)、残業代を支払えるほどの利益がでていない
という理由で全く支給されていません。(3年連続最終利益は黒字ですが)
さらに、過重労働について、削減するという考えにもな らず、
暗黙示にて、従業員のほぼ全員が22時以降まで就業しており、
それより前に帰ることがある際、非常に帰りにくい空気となります。

にもかかわらず、今回、さらに事業を拡大しようとする意志が社長にあります。
既存の事業で収益があがらないために、
新しい事業を立ち上げて補てんをしようという考えです。
しかしながら、従来同様、そこに新しい人材をやとう考えはありません。
現状の人材にて素人が力技のみで事業を成功させようという考えのようです。
私も先日、管理部門長でありながら、急きょ海外へ行き、新商材についての商談交渉を
外国企業と行いにいってきたといったようなかたちです。

あまりにも考えが浅く、甘いと感じ、、
いよいよ私が社長にストレートに意見するようになりました。
これまで何か問題視された従業員は結果的に退職にあっていました。
ようやく私も次のキャリアを検討できる最低期間の就業期間を経ることが
できましたので、それもあり、唯一社内で、社長に意見できているというのが
現状です。
もちろん、私が退職してしまえばそれで済むことだと思いますが、
唯一社内で社長に意見できる立場にある私が社内から立ち去れば、
そのうちに、下の従業員が疲弊するだけでは済まない状況に陥るのではないかと
心配になっています。
また、過去二年間分の残業代を全従業員に支給しなくてはならなくなった場合、
経営は破たんするものと推量できます。
ちなみに、先日まで社長はそのような事態になる危険性をはらんでいることを
具体的には認識していませんでしたので、私が指摘しました。

また、今は事業拡大ではなく、むしろ、事業を縮小して、
特定の事業にリソースを集中させるべきだと進言していますが、
聞き入れません。
すでに銀行に新たに最大一億の融資を申請中とのことです。

率直に言いますと、その一億の融資が仮に決まったとしたら、
事業拡大ではなく、従業員に残業代を支給するのが先だと
いう思いがあります。
これは、単に感情的な思いだけでなく、
経営リスクを踏まえた思いでもあります。

私が辞めることは簡単にできます。
ですが、残る従業員への思いと、
自身の仕事に対する責任感のために、
なんとかならないものかと頭を悩ませております。

さらにこれが、社長の悪意による緻密な計算に基づくものであるのか、
それとも単なる勉強不足、経営への甘さによるものなのか
それも判断しかねる状況です。

客観的にみていかがでしょうか?
無学とはいえ、創業から10年以上続いている企業です。
これが根っこでは悪意と我欲に満ちた計算によるものであるならば、
実権をにおいて対抗することも考えています。

ちなみに、社長のよく発する言葉は「従業員が誇りを持てる企業にする」
というものです。

以上です。
乱文お許しください。
感想ベースでも結構です。
何卒よろしくお願い申し上げます。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 会社設立・企業法務
専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.
ご指名ありがとうございます。
拝見させていただきました。
純然たる法的なアドバイスではありませんが回答いたします。

当職も司法書士という職業柄これまで大企業から中小企業までの様々な社長さんとお会いする機会がありました。
御社がそうであるとは言いませんが、
御社は創業から10年続いており、サービス残業のおかげとはいえ3年連続最終利益は黒字、銀行から新たに最大一億の融資が下りる可能性があるということは社長からしてみれば順風満帆に進んでおり、このままの調子で一気に大きくしたいという欲は社長一人会社、俗にいうワンマン会社には多い傾向があると思います。

「また、過去二年間分の残業代を全従業員に支給しなくてはならなくなった場合、経営は破たんするものと推量できます。ちなみに、先日まで社長はそのような事態になる危険性をはらんでいることを具体的には認識していませんでしたので、私が指摘しました。」「さらにこれが、社長の悪意による緻密な計算に基づくものであるのか、それとも単なる勉強不足、経営への甘さによるものなのかそれも判断しかねる状況です。」という部分も、社長からしてみれば今までされたことがないし、全従業員がすることがない、したとしても数人であるなら法令順守よりも労働基準法を破った利益の方がのちに払う損失よりも少ないからやってしまおうという判断があるとも考えられます。私は御社の社長に会ったことがないので絶対そうですとは言えませんが、10年経営やってこられているならこの考えをもたれることはあると思います。

一方で従業員の方はそういう職場だとはいえ会社への愛着はあると思いますし、今のところ給料が出ており、転職はまだまだ厳しい情勢だから、まだ会社にいようと思われる方も多いでしょう。
日本の会社に多い傾向だと思いますが経営者と従業員の方との思考が乖離があっても、従業員の方が何とかうまくやっていこうと奔走するケースはよく見受けられます。

しかしそういった会社の経営が右肩下がりになった場合、従業員の方は一気に辞めていきますし、辞め方いかんによっては今まで会社にたまった鬱積を爆発させます。
「私が辞めることは簡単にできます。ですが、残る従業員への思いと、自身の仕事に対する責任感のために、なんとかならないものかと頭を悩ませております。」
と悩まれている気持ちは非常によくわかります。
ただ、最終的な失敗は全て社長が取るべきリスクであり、従業員の方は社長の意向に沿って動いているのですから、この会社では将来が見えずずっといれないなと思えば次のことを考えるべきです。また会社を何とかしたいのであれば何とかできるように動くべきです。従業員一人一人に人生があるのですから、最後には自分自身にとって良いことを考え後々後悔しない行動を取るよう私は常々アドバイスしています。


このような回答でよろしいでしょうか?
意向にそぐわない場合はその旨ご返信ください。
gyoenlegal, 司法書士
満足したユーザー: 485
経験: 中央大学法学部卒業渉外法律事務所・司法書士事務所を経て新宿にて司法書士事務所を開業
gyoenlegalをはじめその他名の会社設立・企業法務カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • houmu

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    33
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    33
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/SH/shihoushoshi/2012-1-25_52227_IMG0066.64x64.jpg shihoushoshi さんのアバター

    shihoushoshi

    司法書士

    満足した利用者:

    2
    東京司法書士会所属。東日本大震災法律相談員。都庁クレサラ相談員。相続手続き・借金問題に詳しい法律家。
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/SI/sin4864/2011-8-18_02555_100909174435.64x64.jpg sin4864 さんのアバター

    sin4864

    行政書士

    満足した利用者:

    2
    立命館大学産業社会学部卒 業務経歴23年の行政書士です。
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/SH/shihoushoshikun/2013-7-1_22326_TshirtMale.64x64.jpg shihoushoshikun さんのアバター

    shihoushoshikun

    司法書士

    満足した利用者:

    17
    東京司法書士会所属
  • /img/opt/shirt.png gyoenlegal さんのアバター

    gyoenlegal

    司法書士

    満足した利用者:

    15
    中央大学法学部卒業渉外法律事務所・司法書士事務所を経て新宿にて司法書士事務所を開業
  • /img/opt/shirt.png dueprocess さんのアバター

    dueprocess

    特定行政書士

    満足した利用者:

    13
    中央大学卒・行政書士事務所経営・システムエンジニア
 
 
 

会社設立・企業法務 についての関連する質問