JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
soac-srに今すぐ質問する
soac-sr
soac-sr, 社会保険労務士
カテゴリ: 会社設立・企業法務
満足したユーザー: 146
経験:  法学部卒業・2級ファイナンシャルプランナー
62487826
ここに 会社設立・企業法務 に関する質問を入力してください。
soac-srがオンラインで質問受付中

個人事業主ってどうゆうことを言うのですか? 委託契約で、個人事業主でって言われました。 細かく教えて下さい。

質問者の質問

個人事業主ってどうゆうことを言うのですか?
委託契約で、個人事業主でって言われました。
細かく教えて下さい。

事業所得ってどうゆうことですか?自分の会社を創るってこと?
税金、年金、保険、確定申告、雇用保険はどうなるんですか?
子供の保育園の申請とかの、会社名は?会社の住所、電話番号とはどうすればいいの?
通勤中に事故をおこした場合は?

いろいろ教えて下さい。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 会社設立・企業法務
専門家:  soac-sr 返答済み 5 年 前.

回答させて頂きます。

 

>事業所得ってどうゆうことですか?自分の会社を創るってこと?
働いて収入を得ている人の分類をイメージ的に

会社員・公務員などの雇われている人 と 会社を経営している社長や役員の人 に分けられていると思うのですが、このうち会社というのは株式会社や有限会社など種類があり例えばジャスト株式会社(例えば従業員50名)や有限会社ジャスト(例えば従業員10名)などは法人を設立して会社を作っていることになります。

しかし、法人は必ず設立しなければならないわけでなく、事業を拡大したり税金面などでメリットがあるので作ることになるのです。(今回はこの詳細説明は省きますが)

ですので、法人を設立しないでやっている会社もたくさんあります。家族経営で大きくするつもりはないところや自分で変わった事業をやりたいなど。

たとえば仮に ジャストネットワーキング などと言ってネット販売の事業を自分でやって従業員を3人使っていても法人設立はしていないので会社とは言いません。この時の事業主を個人事業主と言います。この個人事業主さんは給料でなく自分の稼いだ売上から自分の取り分を決めて生活することになるので所得税の確定申告をする時には、会社員ならば

~円の給与所得がありましたよ と報告するのに対し ~円の事業所得がありましたよ と

報告する決まりになっています。

このような方を個人事業主と言いますが、従業員を使っていなければいけないという決まりはないので、これを事業主一人でやっていても個人事業主は個人事業主です。

ですので、一人でやっている床屋さんやカフェ、どこにも所属しないカメラマンや画家、パソコン関係のプログラマー、保険の外交員(営業の女性の方の一部)、など個人事業主の方はたくさんいます。

 

さて、次に順番にご説明いたします。

 

>税金、年金、保険、確定申告、雇用保険はどうなるんですか?
子供の保育園の申請とかの、会社名は?会社の住所、電話番号とはどうすればいいの?
通勤中に事故をおこした場合は?

 

まず、税金と確定申告ですが・・・

上に書きましたように、会社員であれば給与所得なので会社が「年末調整」をやってくれますから自分で確定申告は通常しませんが(年末調整=簡単に言うと会社員の確定申告を会社が代わりにやることなのです)

個人事業主であれば専属で仕事をしている会社があったとしても

単に取引先に過ぎないので当然に年末調整は行いません。

誰もやってくれないので自分の所得は自分で税務署に申告します。これが確定申告です。

この時の所得の種類が事業所得という分類になります。

(会社員と同じで所得に税がかかるだけです、%は異なりますが。なお、法人に

しているわけでないので法人税など余計に税がかかるわけでないのでご心配なく)

 

次に 年金は国民年金です。厚生年金には入れません。

(納める額は厚生年金が高いですが、厚生年金の方が将来の年金額は

その分高くなります)

 

次に保険は国民健康保険です。健康保険には入れません。

(これは、保険料が少し高いですが補償される内容はほとんど変わりません)

 

次に雇用保険は雇われていない個人事業主なので入れません

(失業という概念がなくなる=自分の力で食べている人を個人事業主というので)

 

次に労災保険にも入れませんので業務災害や通勤災害の国での保険はありません

(雇用保険と同じ理由で雇われていないので責任は自分です。万一に備えたい場合は

自分で民間の保険商品を選択して加入しておかないといけない)

 

最後に、保育園への申請ですが、会社名は先の例えのようにジャストワーキングとか名前をつけていればそれ、つけていなければ個人名です。(職人さんとか大工さんは個人名で活動されている方たくさんいます)住所・連絡先は自宅(自宅事務所となります)です。

ただし、これまでご説明してきたような個人事業主とは、会社員とは という違いがよくわからなかったり曖昧になっていたりする例も多いので、保育園への申請くらいでしたら、よく分からずに、いつも通っている会社(本当は個人事業主ならただの取引先になるのですが・・・)の名前を書いて出している人もいるのではないかと思います。保育園側もそれを

確認するというより緊急の連絡先や身元を知りたいので確認しているだけでしょうから。

 

以上、かなり長くなってしまいましたが

ご参考になれば幸いです!

会社設立・企業法務 についての関連する質問