JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

sr_hossyに今すぐ質問する

sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 会社設立・企業法務
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業後、地方銀行勤務11年大手建機メーカー本社経理部2年勤務。社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 会社設立・企業法務 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

代休と有休について 有休で申請した休暇を、残業があるからといって、強制的に代休とできるのでしょうか? 私の会

解決済みの質問:

代休と有休について
有休で申請した休暇を、残業があるからといって、強制的に代休とできるのでしょうか?

私の会社は、インターネットを介したワークフローで勤怠表を提出しているのですが、
7月分の勤怠表を提出した際、
「7/19の休暇は、残業が3:30以上あるので、「半休AM」でなく「代休」で申請してください」
と所属部の部長から連絡がありました。
該当休暇は、子供が体調不良で有休(半休AM:8:30 ~12:00)を申請し、直属の上司に申請し、
認められた休暇です。

勤怠表は、おおよそ1週間毎に直属の上司に申請し承認をいただき、
月末に月申請として直属の上司→部所長→人事に回覧され、承認されます。
月末の勤怠表の申請の際、直属の上司の後の部署長に、
有休申請した部分を、残業分があるから代休にしてください。との旨を受けました。

当社はフレックス制でして、申請さえすれば、月の残業分を時間調整して、
別の時間で早退できたり、逆に早退分を他の日の残業で補うことができるシステムです。
残業で出た部分は、3:30で代休半休、6時間で代休の権利が与えられます。

しかし、今回代休は直属上司や部所長にあらかじめ「代休」の指示を受けたわけでなく、
もともと有休で申請し承認され、
最終的に月末で残業分があるから代休に変更しなさいとの話です。

私は代休の申請をしたつもりはなく、有休と残業分として申請しました。
(ちなみに与えられた有休を年内に消化はほとんどできなく、残業もある中、すべての有休を代休にさせられたら、有休をとれないような状況です。また、土日に出張があった場合は、1日分出勤したとみなされ、残業がつくようですが、意味がわからないのですがそれは代休を強制されなく残業で申請しても通ります)

会社の権限で、残業を無理に代休にすることはできるのでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 会社設立・企業法務
専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。企業法務及び労働問題担当の社会保険労務士です

会社からのわけのわからない対応、ご心痛お察し申し上げます。

それでは回答させていただきます。

有給休暇を強制的に代休に変更する権利など会社にはございません。

有給休暇は労働基準法で労働者に認められた法的な権利です。これを勝手に会社が侵害することは認められません。労働基準法39条違反です。

 

代休とは、「法定休日又は法定労働時間外の労働、深夜労働が行われた場合に、その代償措置として、その後の特定の労働日の労働義務を免除するものである。」

とされております。ですので、残業を代休に振り替える行為は認められております。

 

ご注意いただきたい点は、残業→代休、への振り替えは認められますが、時間外手当(割増分)の支払は会社は行わなければなりません。代休にしたからといっても残業した割増分(25%分)は、時間外手当として支払う義務が会社にはあります。

質問者: 返答済み 4 年 前.

代休とは、「法定休日又は法定労働時間外の労働、深夜労働が行われた場合に、その代償措置として、その後の特定の労働日の労働義務を免除するものである。」


とされております。ですので、残業を代休に振り替える行為は認められております。


 


ご注意いただきたい点は、残業→代休、への振り替えは認められますが、時間外手当(割増分)の支払は会社は行わなければなりません。代休にしたからといっても残業した割増分(25%分)は、時間外手当として支払う義務が会社にはあります。


 


 


上記返答を頂きましたが、


残業→代休へする場合、質問に記したように、6時間の労働を代休(8時間分)にする場合も割増賃金ですか?


今回はフレックスということで、3.5時間の有休を、同時間分の残業分を使って代休(時間振替)にしなさい、との命令なのですが・・・これは合法なのですか?


 


有休は代休に変更する権利は会社にはない、と申されていましたが、


残業を代休に振り替える行為は認められている、とも記されまして、


今回のケースでは、有休分を支持通り代休に変更しなければいけないのか、それとも指示を受ける必要がないのか(または違法性があるかどうか)


、いまいち理解できませんでした。


 

専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

>残業→代休へする場合、質問に記したように、6時間の労働を代休(8時間分)にする場合も割増賃金ですか?

 

時間外労働の場合に給与とは、1時間の残業を例にとると

1時間分の基本給+1時間分の割増賃金、が支払われます。このうち代休で振り替えられるのは、「1時間分の基本給」だけです。

代休にしたからと言って「1時間分の割増賃金」まで振り替えることはできません。代休振替ができるのは基本給部分のみです。

【例:時給1000円の人が1時間残業した場合】

残業1時間に対して支払われるべき賃金は、

基本部分1000円+割増賃金250円=1250円

代休への振り替えで振り替えられるのは基本部分の1000円だけであって、割増賃金の250円は支払わなければなりません。

 

 

 

>今回はフレックスということで、3.5時間の有休を、同時間分の残業分を使って代休(時間振替)にしなさい、との命令なのですが・・・これは合法なのですか?

 

先の回答で、「有給休暇は労働基準法で労働者に認められた法的な権利です。これを勝手に会社が侵害することは認められません。労働基準法39条違反です。」と回答させていただきました通り、違法です。ですからご相談者様の合意無く会社の権限で行う事はできません。会社の行為に納得がいかないのであれば、指示に従う必要はありません。フレックスだから有給を勝手に振り替えられる、という権利はありません。

 

質問者: 返答済み 4 年 前.
お返事ありがとうございます。

フレックスだから有給を勝手に振り替えられるという権利はありません、と記載ありましたが、逆に残業がたまった状態[3.5hで午前半日休可(=フレックス上での時間清算に なる)、6hで一日の代休権(=代休として申請する)が発生する]で、休暇を申請す る場合、こちらから有休として申請できるのでしょうか? それとも代休権あるため、もしくはフレックス制度のため、代休が優先され有休 として申請はできないのでしょうか?
上司が言うには、「代休権があるのだから、フレックスの場合、有給休暇の前に、先にその時間を消化すべきである」との事です。


なお、以下が当社の就業規則(フレックス制度)です。

●標準就業時間数を超過した時間の累積が6時間を超えた場合、および法定休日 (日曜日)に7時間55分以上就労した場合、原則として当該月内において代休 権を与える。

●前項に定める代休の取得日は、標準就業時間数を就業したものとみなす。

●標準就業時間数を超過した時間の累積が6時間を超えた場合に取得した代休時 間に対しては、時間外勤務手当の割増分は支給しない。

●法定休日(日曜日)に7時間55分以上就労した場合に取得した代休時間に対 しては、休日勤務手当の割増分(35%)のみ支給する。

です。

返答に、


「このうち代休で振り替えられるのは、「1時間分の基本給」だけです。


代休にしたからと言って「1時間分の割増賃金」まで振り替えることはできません。」



とありましたが、フレックスで振り替え可能な残業時間に対して、同様な事は言えるのでしょうか?会社側としては6時間分の残業を8時間分の代休なので、という言い分は通用するのでしょうか?
専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

>逆に残業がたまった状態[3.5hで午前半日休可(=フレックス上での時間清算に なる)、6hで一日の代休権(=代休として申請する)が発生する]で、休暇を申請す る場合、こちらから有休として申請できるのでしょうか? それとも代休権あるため、もしくはフレックス制度のため、代休が優先され有休 として申請はできないのでしょうか?

 

既に受理された有給を、会社が代休に強制的に振り替えることはできませんが(既に回答済み)、今回のご質問のようなケースでは代休権が優先します。

 

 

>フレックスで振り替え可能な残業時間に対して、同様な事は言えるのでしょうか?会社側としては6時間分の残業を8時間分の代休なので、という言い分は通用するのでしょうか?

 

フレックス規則をお教えいただきまして、ありがとうございます。

この規約であれば、割増賃金分は発生しません。「会社側としては6時間分の残業を8時間分の代休なので、という言い分は通用するのでしょうか?」→通用します。フレックスの取り扱いは会社は正当な手続きをとっていると言えます。

sr_hossy, 社会保険労務士
満足したユーザー: 1537
経験: 法政大学経営学部経営学科卒業後、地方銀行勤務11年大手建機メーカー本社経理部2年勤務。社会保険労務士事務所を開業。
sr_hossyをはじめその他名の会社設立・企業法務カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • houmu

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    33
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    33
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SH/shihoushoshi/2012-1-25_52227_IMG0066.64x64.jpg shihoushoshi さんのアバター

    shihoushoshi

    司法書士

    満足した利用者:

    2
    東京司法書士会所属。東日本大震災法律相談員。都庁クレサラ相談員。相続手続き・借金問題に詳しい法律家。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SI/sin4864/2011-8-18_02555_100909174435.64x64.jpg sin4864 さんのアバター

    sin4864

    行政書士

    満足した利用者:

    2
    立命館大学産業社会学部卒 業務経歴23年の行政書士です。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SH/shihoushoshikun/2013-7-1_22326_TshirtMale.64x64.jpg shihoushoshikun さんのアバター

    shihoushoshikun

    司法書士

    満足した利用者:

    17
    東京司法書士会所属
  • /img/opt/shirt.png gyoenlegal さんのアバター

    gyoenlegal

    司法書士

    満足した利用者:

    15
    中央大学法学部卒業渉外法律事務所・司法書士事務所を経て新宿にて司法書士事務所を開業
  • /img/opt/shirt.png dueprocess さんのアバター

    dueprocess

    特定行政書士

    満足した利用者:

    13
    中央大学卒・行政書士事務所経営・システムエンジニア
 
 
 

会社設立・企業法務 についての関連する質問