JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 会社設立・企業法務
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業後、地方銀行勤務11年大手建機メーカー本社経理部2年勤務。社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 会社設立・企業法務 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

はじめまして、都内で会社役員をしているものです。 この度、筆頭株主が、役員の解任及び、代表取締役会長として、株主が

解決済みの質問:

はじめまして、都内で会社役員をしているものです。
この度、筆頭株主が、役員の解 任及び、代表取締役会長として、株主がはいる。
との書面がきました。

経緯は3年前にオーナーが他界して、(株式の85%保有)20年近く親族とは音信不通状態で、
(不仲)で、遺言状も残さずに亡くなり、一時は親族は相続放棄したのですが、結局は奥様(やはり20年位、別居状態(軽度の痴呆症)が相続しました。奥様、長女、長男、で93%保有
現会社、代表、役員2名の3名は株の保有は有りません。
今回の要求は、役員1名の解任及び、新代表取締役会長の就任。
株主総会を、勝手に開き強制に前文の内容を、起こそうとしています。
業務には、一切関わったことは有りません。
私たちは、されるがままなのでしょうか、監査役が残りの株を保有していて、オーナーの友人で、なにかと相談をしています。
仕方なく?オーナーが亡くなり3人でこの3年頑張ってきている中、突然のことで同様しています。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 会社設立・企業法務
専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。企業法務担当の社会保険労務士です。

結論から申しますと、株主総会は企業の最高決定機関ですので、そこで役員解任や会長就任が決議されればそれは最終決定です。

新会長の就任はともかく、役員1名の解任はご相談者様をはじめ、今まで会社を支えてきた三名の方々にとっては受け入れがたいことでしょう。

そもそも、その解任予定の1名の役員の方に、解任されるような正当な理由がありますでしょうか?(不正を行った、経営能力の著しい欠如、経営判断のミスがあり会社に不利益をもたらした等)

正当な理由がなければ裁判で不当解任や、在任していれば得られたであろう役員報酬の請求(損害賠償請求)を訴えていくことは可能です。判例も多数あります。

その他、今の役員3名の方々は、役員として以外にも実際の業務(事務、経理、営業、製造等)を行っていますか?行っていれば労働者としての立場も併せ持っていることになりますので、役員解任になっても労働者としては会社で勤務することはできます。役員解任は株主総会で決議できても、労働者の解雇は別の問題です。

株主サイドが今後どのような手段を実際にとってくるかは不明ですが、不当解任や不当解雇が発生するようでしたら、弁護士に依頼して裁判に打って出る事も考慮に入れておいた方がよろしいかと存じます。

ただし現実問題として、そこまで泥沼の争いをして会社に居続けることが可能かどうかは、ご相談者様をはじめとして今現在頑張っていらっしゃる三名の方が判断されることです。

悔しいお気持ちはお察しするのですが、株主総会での決定を回避することは持ち株比率から考えると不可能です。

sr_hossyをはじめその他名の会社設立・企業法務カテゴリの専門家が質問受付中

会社設立・企業法務 についての関連する質問