JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 会社設立・企業法務
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 会社設立・企業法務 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

質問のカテゴリーがこれであっているかわかりませんがよろしくお願いいたします。 公的文書の作成および申請を行政書

質問者の質問

質問のカテゴリーがこれであっているかわかりませんがよろしくお願いいたします。

公的文書の作成および申請を行政書士に依頼しました。ですが、その書類に不備があり
それによって格付けされるランクが当初のものよりさがり訂正も不可能だと思われます。
同じような格付けに戻すにはH26年度の同じ申請まで待たねばなりません。
入れるであろう格付けの仕事に参加出来るチャンスを二年間失うことになります。
こういった場合損害賠償を請求することは可能でしょうか?

ご回答よろしくお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 会社設立・企業法務
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
こんにちは。

本件では、損害賠償請求は可能です。
その行政書士との間では、委任契約(民法第643条)が締結されていると考えられます。
そして、その行政書士の申請に不備があったことは、委任契約上の善管注意義務(民法第644条)に違反したといえるでしょう。
そうすると、損害賠償請求は可能です。

問題は、請求する損害額です。
ランクが下がったことによる損害額をこちらで示す必要があります。
つまり、ランクが上がっていたら、これだけの仕事を得ることができる可能性があった、ということを立証する必要があります。
jo-banをはじめその他名の会社設立・企業法務カテゴリの専門家が質問受付中

会社設立・企業法務 についての関連する質問