JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 会社設立・企業法務
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 会社設立・企業法務 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

はじめまして。ある企業でインターンシップをしている博士課程です。 学業が非常に忙しくなってきたため、2012年5月13日退職を申し出た所、社会では6ヶ月前までの申請が常識

質問者の質問

はじめまして。ある企業でインターンシップをしている博士課程です。


学業が非常に忙しくなってきたため、2012年5月13日退職を申し出た所、社会では6ヶ月前までの申請が常識であるが

当社では1ヶ月前までの申請が必要である事、更に、当社正社員になる前提で私を教育してきたこれまでのコストの支払いと

、私の代わりはそう簡単に育成できない事から週1日で継続して働く、と言う条件となりました。

しか し学業に支障を来たすほど業務外日にも業務が大量に発生し、その結果は私の責任として当然のように業務を続けてお

ります。
また携帯電話の変更を強要され、更には引越しや博士課程をやめるようにも圧迫されています。また、一ヶ月経過した現在

でも、代理人を見つかっておりません。


このようなストレスの下、勤務状況が悪くなった事に対して、業務のミスに対する叱咤が人格の否定にまで入り、現在では

社会性の欠如を子供の頃からの習慣と病気として扱われて、会社としては親への勤務状況の報告と心理状態・病気の生むを

はじめまして。ある企業でインターンシップをしている博士課程です。
現在学業が非常に忙しくなってきたため、2012年5月13日退職を申し出た所、社会では6ヶ月前までの申請が常識であるが当

社では1ヶ月前までの申請が必要である事、更に、当社正社員になる前提で私を教育してきたこれまでのコストの支払いと、

私の代わりはそう簡単に育成できない事から週1日で継続して働く、と言う条件となりました。

しかし学業に支障を来たすほど業務外日にも業務が大量に発生し、携帯電話の変更を強要され、更には引越しや博士課程を

やめるようにも圧迫されています。また、一ヶ月経過した現在でも、代理人を見つかっておりません。
大量の仕事が次々と降りかかる中、精神的にも追い詰められております。


この結果、5月13日に退職届けを提出した際には、代表から連絡があり、退職に関する条件が提示され、社会人として愚かで

ある事を延々と説明され、継続を余儀なくされました。

このようなストレスの下、勤務状況が悪くなった事に対して、業務のミスに対する叱咤が人格の否定にまで入っています。現在では社会性の欠如を子供の頃からの習慣と病気として扱われて、会社としては親への勤務状況の報告と心理状態・病気の生むを

把握する必要が法律で定められている、として、両親に電話までされています。この結果、精神的にも追い詰められており

ます。


そこで弁護士に相談し、業務委託契約の書類を解釈していただいた所、

1. 事業者側は1ヶ月前までに解約条件を提示する必要がある事、並びにインターン学生の解約条件が記載されていない事
2. 業務委託契約の期限が曖昧である事
3. 業務委託の賃金支払いに関する契約が何も無い事

から、内容証明郵便で退職届けを出せば郵便到着の即日から退職できるとのアドバイスをいただきました。
また、 パワハラの可能性を残しておく文面もあるとよいとのアドバイスでした。

そこで、合わせて記載したものを作成したのですが、この文面に於いて退職が認められること、また後々のリスクが発生す

る可能性、文面の改善方法を指摘していただけませんでしょうか?

何卒よろしくお願いいたします。

==============================================================

東京都○○○
内容証明 
株式会社○○ 代表者名 様



神奈川県△△△
内容証明 
氏名 印鑑


通知書


先月5月13日にインターンシップ中退届けを提出いたしました後、貴社の条件により業務を継続しておりましたが、勤務日外

業務による本業の圧迫、それによる精神的苦痛が生じた結果、此の度、一身上の都合により、平成24年6月13日をもって退職

いたしたく、ここにお願い申し上げます。

==============================================================
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 会社設立・企業法務
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
こんにちは。
それでは、文面について、いくつか意見させていただきます。

==============================================================

東京都○○○
内容証明 
株式会社○○ 代表者名 様



神奈川県△△△
内容証明 
氏名 印鑑


通知書


先月5月13日(→先月というのと5月というのは同じ意味ですから、「平成24年5月13日」としてください。)にインターンシップ中退届けを提出いたしました後、貴社の条件により業務を継続しておりましたが、勤務日(→勤務時間)外業務による本業(→本業とは何を指すのかをもう少し具体的に書いた方がいいでしょう。)の圧迫、それ(→精神的苦痛となる原因をもっと具体的に書いた方がいいと思います。)による精神的苦痛が生じた結果、此の度、一身上の都合により、平成24年(→同年)6月13日をもって退職

いたしたく、ここにお願い申し上げます(→退職をお願いするのではなく、退職すると明記した方がいいです。退職させないと返されても困りますので。「同年6月13日付けで退職いたします。」)。

必要に応じて、
なお、同月分の賃金につきましては、従前どおりの方法でお支払いいただきますようお願いいたします。
など。

==============================================================

 

また、時間外手当やパワハラによる損害賠償請求をするつもりがある場合には、それに備えて、就業規則や契約書、タイムカード、勤務状況が分かる資料のコピーととっておくといいでしょう。

 

退職することでのリスクはありません。

jo-banをはじめその他名の会社設立・企業法務カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
早急な対応、ありがとうございます!
本業と圧迫に関して、より詳細な説明を書いたのですが、このように具体的に書いて、こちらの意図が曲解して伝わる恐れはありませんでしょうか?

「勤務時間外業務による博士課程研究の圧迫、業務ミスに対する叱りを超えた人格への誹謗中傷により精神的苦痛を生じた結果、此の度、一身上の都合により、」
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
曲解されることはないと思います。
むしろ、退職理由を書くのであれば、明確に意図を伝えた方がいいでしょう。辞めるのですから、主張するべきことは主張した方がいいと考えます。

また、元の文に書いてあったので、それをベースに意見させていただきましたが、退職通知を出すのに、退職理由を書くことは必須ではありません。

退職理由を書くかどうかは質問者様の判断次第です。

会社設立・企業法務 についての関連する質問