JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 会社設立・企業法務
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業後、地方銀行勤務11年大手建機メーカー本社経理部2年勤務。社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 会社設立・企業法務 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

私は不動産会社の社員です。知り合いの業者が土地を購入したいとのことで別の不動産業者が仲介している土地を紹介し、私を介

解決済みの質問:

私は不動産会社の社員です。知り合いの業者が土地を購入したいとのことで別の不動産業者が仲介している土地を紹介し、私を介さず契約してもらう予定です。知り合い の業者はその土地を転売するようで、利益の半分をコンサルタント料として支払いたいから土地の契約前にコンサルタント契約を締結しようとの話をもらいました。私が仲介をするわけではないので宅建業法には抵触しないと思いますが、他の法に抵触するのではないかと思っています。今まで経験してきたことがないケースの為、詳しくはわかりませんので、簡単に教えていただけませんでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 会社設立・企業法務
専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。

 

コンサルタント、簡単に言ってしまえば相談屋さんです。相談にのったり情報を提供したりしてコンサルタント料をいただく、という業態です。

ご相談者様がおっしゃいますように、今回のケースでも直接不動産取引に関与しているわけではないので、特に法に抵触するようなことはありません。

ご心配であれば、コンサル契約ではなく謝礼という形でいただくのでもよろしいかと存じます。

 

それよりもご相談者様は不動産会社の社員との事ですが、会社は「副業禁止規定」はおありではないのでしょうか?

むしろその点に懸念を感じます。確認された方がよろしいかと思われます。

sr_hossyをはじめその他名の会社設立・企業法務カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

昨日はありがとうございました。

職務規定を確認したところ、副業禁止がありました。

今回の場合、コンサル契約でも謝礼でも、後々会社へリークされた場合、金員の授受があれば、副業に当たると解釈がされかねない事項と思っていい・・・と考えるべきだということですよね?

 

専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

こちらこそお世話になりました。

副業禁止規定がありましたか。

もちろん副業と解釈されかねません。冷静にご決断いただいた方がよろしいかと思います。

sr_hossyをはじめその他名の会社設立・企業法務カテゴリの専門家が質問受付中

会社設立・企業法務 についての関連する質問