JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
AEに今すぐ質問する
AE
AE, 行政書士
カテゴリ: 会社設立・企業法務
満足したユーザー: 748
経験:  民事法務専門
62985828
ここに 会社設立・企業法務 に関する質問を入力してください。
AEがオンラインで質問受付中

はじめまして。旦那が経営する株式会社がまもなく倒産しそうです。有限責任に関しては調べましたが、株主の一人に債務を一部

解決済みの質問:

はじめまして。旦那が経営する株式会社がまもなく倒産しそうです。有限責任に関しては調べましたが、株主の一人に債務を一部でも負担させることが出来ないか知りたいです。その一人は会社を故意的に破産に追い込んだ本人です。ただ、電話の会話でのやりとりの中でしか話をしていない為それを証明出来る事ができません。やはり難しいでしょうか?ご回答よろしくお願い致します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 会社設立・企業法務
専門家:  AE 返答済み 5 年 前.

こんばんは。司法書士のshihouと申します。
そのような事情では、なんとか責任を追及したいとお思いでしょうね。

 

まず、相談者様がお調べになったとおり株主の責任は間接有限責任ですので、会社の債務を直接負担させることはできません。

 

債務負担ではありませんが、「故意的に破産に追い込んだ」というのは不法行為(民法709条)にあたりますので、会社が相手に対して損害賠償を請求することが理論的には可能です。
ただし、裁判で争うにはそのような行為があったことや損害との因果関係、損害額を会社側が立証しなければなりませんので、客観的な証拠が用意できなければかなり難しいでしょう。
メールのような電子データでも証拠にはなり得ますが、相手が偽造であると争ってきた場合には本物であることを証明しなければなりませんし、相談者様が聞いた内容を夫に送ったというのはあくまで「聞いた話」でしかないので、残念ながら証拠としては非常に弱いでしょう。

AEをはじめその他名の会社設立・企業法務カテゴリの専門家が質問受付中

会社設立・企業法務 についての関連する質問