JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 会社設立・企業法務
満足したユーザー: 1380
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 会社設立・企業法務 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

質問致します。 1 会社の頼まれ役員になっていましたが、代表取締の者が急死しました。 私は、会社の関係者に

質問者の質問

質問致します。

1 会社の頼まれ役員になっていましたが、代表取締の者が急死しました。
 私は、会社の関係者に、役員解任手続きを、お願いしました。

2 9/8付の印鑑証明のコピーを、言われたまま1通送りました。

3 10/17付の書類送付状【株式譲渡証明 が入っていました】
 送付状には、実印押印後、印鑑証明書を添付し、返送の旨書かれていました。

4 会社の関係者に問い合わせをすると、代表者を変更して続ける意向とのことです。
 11月より役員は、1人でも良いと言っていましたが、本当でしょうか?
 

★私の役員解除の証明も無いまま実印・印鑑証明を送る事に大変心配しています。 

どうぞ、宜しくお願い致します。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 会社設立・企業法務
専門家:  kionawaka 返答済み 6 年 前.

 取締役の解任には、株主総会の決議が必要です(出席株主の議決権の過半数、会社法341条)。

 

 辞任の場合は、委任に関する規定により(会社法330条)、いつでも解除できます(民651条1項)。この場合、取締役退任登記の申請書に、辞任届の添付が必要です(商登54条4項)。

 

 本件が上記いずれの場合かはっきりさせることが必要ですが、おそらく前者と思われます。

  

 なぜなら、「株式の譲渡証明書」がついていたとのことですが、取締役解任決議には当該取締役が株主である場合は、議決権行使が可能になるからです。

 

 よって、自らが解任されることを納得された上で書類を送られるのであれば、問題ないといえましょう。

 

 会社側からの説明がほしいところです。

 

質問者: 返答済み 6 年 前.

 

回答有難うございます。

 

昨日 履歴事項全部証明書をとってきました。

私は、監査役で、平成23年8月1日辞任・平成23年8月26日登記

と、記されておりました。

 

又、取締役会議設置会社*8月1日廃止・平成23年8月26日登記

      監査役設置会社*8月1日廃止・平成23年8月26日登記

 

前回も質問致しましたが、株式譲渡証書に記されています*種類株式の有無:無し

                                    *譲渡価格:無償

                          *譲渡を行うに当たり付すべき条件:なし

                          *譲渡年月日:平成23年10月1日

 

   この株式譲渡証書に、押印し印鑑証明を2通提出すれば、終了と言われました。

 

 今後、会社と、完全に縁が切れますか。 回答 宜しくお願い致します。

 

専門家:  kionawaka 返答済み 6 年 前.

 

いくつか不明な点がございますので、情報提供をお願いします。

 

1.>>取締役ではなく監査役だったのですね。

 

 監査役の退任についても取締役と同様、一方的な意思表示で辞任、又は株主総会の

 

決議で解任されます。

 

 

 

 

2.>>Q:「私は、監査役で、平成23年8月1日辞任・平成23年8月26日登記」とありますが、

 

辞任届は作成されたのでしょうか?

 

3.>「取締役会議設置会社*8月1日廃止・平成23年8月26日登記

      監査役設置会社*8月1日廃止・平成23年8月26日登記」

 

>>取締役不設置会社では、監査役は任意設置です。

 

 監査役を設けないことにして、後任者の就任登記もない場合なら、この譲渡証書

に押印することで免責されます。

 

4.>株式譲渡証書に記されています*種類株式の有無:無し

                            *譲渡価格:無償

            *譲渡を行うに当たり付すべき条件:なし

                          *譲渡年月日:平成23年10月1日

 

>>Q:株主でもあられたわけでしょうか? 

 

質問者: 返答済み 6 年 前.

 

1.>>取締役ではなく監査役だったのですね。

    はい

 

Q:株主でもあられたわけでしょうか?

 はい 発行済株式の総数2万株のうちの、15000株、記載されていました。

 

辞任届は作成されたのでしょうか? 会社関係の人に辞任する手続きをお願いしました。

    : 私の氏名で平成23年8月1日辞任・

             平成23年8月26日登記」 とありましたので、作成し登記したのでは

          ないのでしょうか?

            

 

 

 

 

質問者: 返答済み 6 年 前.

 

上記の:株主でもあられたわけでしょうか?

の問いに、返答を間違えました。株主が現れたわけでは、ありません。

 

8月1日に、代表取締役に就任・8月26日登記された方に

15000株を譲渡(平成23年10月1日)したことの株式譲渡証書です。

 

今までのご回答で大分心配から、解放されました。

ありがとうございました。

専門家:  kionawaka 返答済み 6 年 前.

 まとめますと、イ 監査役で、発行済株式総数20,000株のうち15,000株保有、

 

ロ 辞任手続き委託、平23.8.1辞任(届け受理)、平23.8.26退任登記、

 

ハ 平23.8.1代表取締役就任(就任承諾書又は議事録援用)、8.26同登記された方に

 

譲渡証書(平23.10.1)ということですね。

 

 質問者が辞任の意思が明確ならば、これで辞任とみて、会社とは縁が切れるでしょう。

 

 

kionawakaをはじめその他名の会社設立・企業法務カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 6 年 前.
分からない事で、只 不安だけが大きくなるばかりでした。心配性な私は、専門家の話をお聞きして全部ではありませんが、不安が解消されました。有難うございました。
専門家:  kionawaka 返答済み 6 年 前.

 未解決となっておりますが、他にご不明な点はございますか?

 

 会社関係者に「この書類はどういう意味があるのですか?手続きの流れはどうなりますか?」と常にお尋ねになり、今、手続きがどこまで進んでいるのか、チェックされたほうがよいと思います。

 

 白紙委任状を渡したりすることは、専門家相手でも危険です。

 

 今回は「辞任」ですが、「就任」のほうが、いろいろ責任が増えることが多いです。「辞任」の場合は、辞任後の会社について責任を問われることは(自らが帰責事由を作った場合を除いて)まずありません。

 

 

 

会社設立・企業法務 についての関連する質問