JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  小動物臨床6年
60306695
ここに 鳥 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

公園で傷ついた鳩を保護して5日が過ぎました。 今は自分で餌を食べられる様になっています。まだ幼鳥の様で首が金属色に

解決済みの質問:

公園で傷ついた鳩を保護して5日が過ぎました。
今は自分で餌を食べられる様になっています。まだ幼鳥の様で首が金属色になっていませんし、が体も小さい様に思います。いつ放鳥したらいいものかお教え頂きたく質問させて頂きました。よろしくお願いします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
こんにちわ。
ご質問ありがとうございます。
野鳥の保護はなかなか難しいので、うまくできましたようですね。
状況からはおそらく巣立ちの時期に飛んだのはいいけれどうまく飛べずに素まで戻れなくなってしまったものではないかと思います。
鳩はだいたい孵化して30日くらいで飛べるようになり、その後5~10日で巣立つといわれています。
ですので、時期的にはそろそろではないかと思います。
ベランダがあるならベランダに出して自分で飛んでいくのかどうか見てもらってもいいでしょう。
また、野鳥の保護は各都道府県が窓口を設けており
http://www.vets.ne.jp/wild/pc/
そこに聞いてもらうと、協力病院を紹介してくれることが多いです。
協力病院は基本的に野鳥は無料で診察してくれるはずです(都道府県によって変わってくるかもしれませんので、一応窓口で聞いてみてください)。
そこで一度身体検査をしてもらって放鳥の時期を聞いてもらってもいいでしょう。
japavetをはじめその他名の鳥カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
お答えありがとうございました。状況からカラスが周りにいたので傷を負ったのだとおもいます。
背中の中央辺りに毛が綺麗に揃っていない部分があります。
お伺いしたいことは詳細にも記入させて頂きましたが、家の中と外との温度差などで時期的に寒い時期でも問題ないでしょうか?後、鳩の幼鳥と成鳥の見た目の違いを教えて下さい。
家で保護する期間が長いと餌を探せなくなってしまいますか?
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
自分でしっかり飛べるようになっていれば問題ありませんが急に外に出すと、気温差に慣れませんので、初めは昼だけ少しだけ出すとか、玄関のところの寒いところに置くなどして気温差が急にでないようにしてください。
鳩には種類があり、雄と雌でも若干違いますので、大人と子供(巣立ちができるかどうか)を区別するのは難しいです。
ひなの時期を除き、見た目はあまり変わりません。
http://www.geocities.co.jp/AnimalPark-Shiro/3469/hatosyasinkan/hatosyasinkan5.htm
こちらに一番一般的な鳩の成長の写真が載っていますので、参考にしてみてください。
こちらの写真にも載っていますが、巣立ちが無理なら戻ってきます。
野生の動物ですので、必要以上にお家にいさせるのはいいことではありません。
あまりに人工的なエサを与えられることに慣れてしまうと自然で生きていけなくなってしまいますので。
質問者: 返答済み 1 年 前.
何度もすみません。公園で見かける鳩たちは首のあたりが綺麗な虹の様な色をしています。
保護した鳩はそれらの鳩より小さく、首の辺りも色の変化がありません。 私どもの家は27階でして公園に連れて行っての放鳥になりますので、一度離すと戻れなくなってしまいます。ですので色々な事に過度に心配になってしまいます。
どうぞよろしくお願いします。
質問者: 返答済み 1 年 前.
追記 鳴き声ですが、ピィピィという様な鳴き方です。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
最初に書いた通り、鳩にも何種類かあります。
キジバトでは首は光沢が出て吐きません。
前回にリンクを張っておいた鳩ちゃんも首の色は変わっていませんが、巣立っています。
ですので、首の色で見極めることはできません。
それほど慎重にされたいのであれば、文面でこれ以上やり取りをしても確実にこのタイミングでとは言えません(診察してもらっても100%は難しいと思いますが)。
最初に書いた通り、やはり野鳥保護の協力病院で診てもらって、場合によってはそこで包丁のタイミングを見てもらってもいいでしょう。
私が以前勤めていた病院でもそういうことはしていましたので。
申し訳ありませんが、インターネットのやり取りではこれ以上のことは言えません。
質問者: 返答済み 1 年 前.
色々有難うございました。

鳥 についての関連する質問