JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5447
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 鳥 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

今月13日に1才?位の文鳥をお迎えしました。昼間はうたた寝したり、餌をはじいたりで、夜になると活発になります。お迎え初日から、開口呼吸を頻繁にします。近くに鳥専門の病院はなく、それ

質問者の質問

今月13日に1才?位の文鳥をお迎えしました。昼間はうたた寝したり、餌をはじいたりで、夜になると活発になります。お迎え初日から、開口呼吸を頻繁にします。近くに鳥専門の病院はなく、それでも、1病院だけが、専門ではないが、健康診断、糞便検査、触診をしてくれるとの事で連れて行きました。 診察、検査等、きちんとして下さり、心配はないと診断されましたが、やはり開口呼吸が気になっています。室温なども適温にしているつもりですが…
放鳥も最近ようやく始めてみて、元気良く飛んでます。自分でカゴに帰って行く頭の良い子ですが、その後は口を開けて呼吸してます。心配で放鳥もドキドキです。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
初めまして、質問有難うございます。

診察をしていませんので的確なアドバイスが出来ない場合もある事をご了承ください。

追加の質問や情報があれば随時書き込みをしてください。


可能性としては呼吸器疾患や心臓病の可能性があります

若い個体では心臓疾患は珍しいので、おそらく呼吸器の感染症による気管支炎
があると思います

治療としては抗生剤や消炎酵素剤、去痰剤、ネブライザーという噴霧療法などが
有ります。

元気なうちに鳥をしっかりと診断治療できる病院を探して診察を受けるべきでしょう

昼夜逆転しないように、人工灯(太陽光に近いフルスペクトルライトを日照時間に合わせて)
を使用して、夜は寝かせるようにしましょう。

鳥 についての関連する質問