JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
coco-mocaに今すぐ質問する
coco-moca
coco-moca, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 12
経験:  山口大学農学部獣医学科卒業 山口県内の複数の動物病院で経験を積み、2006年3月開業。現在2つの動物病院を経営。
76009343
ここに 鳥 に関する質問を入力してください。
coco-mocaがオンラインで質問受付中

セキセイインコが左足をあげるようになりました。

解決済みの質問:

セキセイインコ(メス・3歳・卵は一度も生んだことがありません)を飼っています。 1月10日の朝から左足をあげるようになり、 握る力も弱くなりました。 (左足を床につけることがあっても右足に重心をかけています) 動物病院に連れて行き、診てもらいましたが 骨に異常はなく、薬で2週間ほど様子を 見ることになりました。 回復の様子が見られないので、再度、病院で 診てもらったのですが、卵巣の病気が関係 しているかもしれないと言われました。 (今はお腹が腫れている、しこり等の症状はありません) 現在、前回とは違う薬をもらい、また2週間ほど様子を 見ることになりましたが、やはり2週間以上、左足を あげているということは卵巣の病気の可能性が 高いのでしょうか? 「安静に。」と言われてましたが、プラケースでは 暴れてしまうので、ケージ内の止まり木を一番 低く設置して様子を見ています。 左足をあげるようになる前の体重39g、 左足をあげだしてからの体重35gです。

投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  coco-moca 返答済み 3 年 前.
ご心配のことと思います。
実際に診察をしておりませんので、適切なお返事ができないこともありますのでご了承くださいませ。

足を上げてしまう理由として以下が考えられます。
① 外傷
② 脳や脊髄が起因の神経症状
③ 末梢神経が起因の神経症状
④ 栄養性
⑤ 代謝性
⑥ 中毒性・その他

怪我や何かに挟まった、挟んだということがなければ①は除外できます。

②ですが、頭や首は傾いたり、ねじれたりしていませんか?また、上げているほうの足を
引っ張るとだら~んと伸ばしますか、それとも引っ込めますか?また、握ってきますか?

③ですが、肢を支配している神経の代表例が坐骨神経で卵巣や腎臓のそばを通過します。
もしも、卵巣や腎臓が肥大しているならば坐骨神経を圧迫して肢の麻痺が出ることがあります。麻痺の程度は圧迫の程度によります。

④ですが、栄養不足から肢に力が入らなくなることがありますが、若齢で起こることが多いので≫除外できると思います。

⑤ですが、あげている足の裏を触ると痛がったりしませんか?極端に痛がるなら痛風や足底の炎症も考えられます。

⑥ですが、金属系のものをよくかじことはないでしょうか?金属系の中毒症状も考えられますが少々症状が異なると思います。

今現在、文面より③⑤が疑わしいと思います。
超音波検査や足の裏の再チェックをお勧めします。
また、体重減少がありますのでしっかり保温してあげてください。
鳥は40度前後の体温を維持しなくてはなりません。
食事量が減ると体温維持も体重維持も困難になり消耗しますので、
安静+保温(鳥の周りの温度が30~32度)をしっかりお願いします。


質問者: 返答済み 3 年 前.

お忙しい中、早速の回答ありがとうございます。


 


とてもわかりやすく、感謝しています。


 


その中でいくつか質問させてください。


 


②についてですが、幸いなことに頭や首を傾けたりはしておらず、


足に関しては、どちらかというと引っ込める感じで、右足と


比べると弱いです。


 


③に関してですが、卵巣や腎臓の肥大ということであれば


薬で治るものなんでしょうか?


また、卵巣の肥大というのは、卵巣腫瘍の可能性も


考えられますか?


今、気を付けなければいけないことはありますか?


 


⑤については、ケージにしがみついたり、歩いたりしているので


見た感じは右足と変わらないように思います。


 


⑥ですが、ファスナーに興味があるようで、ファスナーの


ついた洋服を着ると離すまでガジガジ噛んでいます。


 


先生が仰るように、しっかり保温してあげたいと思います。


 


以上、また回答していただけると助かります。


 


 


 


 


 


 

専門家:  coco-moca 返答済み 3 年 前.
お返事ありがとうございます。

②ですが、だら~んとするならば脊髄の問題が考えられますし、頭の傾きや首のねじれならば脳の問題も考慮しないといけないと思いましたが、ないのであれば脊髄から出ている神経の問題かと思います。

③ですが、肥大の原因が腫瘍であれば内服薬である程度まで維持できる場合があります。特に腎腫瘍の場合は手術は困難ですので維持のための内科療法を選ぶことがほとんどです。
卵巣腫瘍の可能性も考える必要があります。
気をつけることは、発情行動が盛んな子であれば発情が顕著にならないように過剰な接触を避けたり巣作りを行わないように巣の材料になるような新聞やわらっぽい物を周りに置かないようにするなどです。
また、歩き方や握り具合はしっかり見てください。すでに実行されていますが、
止まり木を低くしたり、えさ箱と止まり木の距離を調節する場合もあります。

⑤ですが、足の裏の中心部を見ることが可能だったら見てください。黄色っぽいできものがないか?もしも、あれば痛風結節と呼ばれるもので中身を顕微鏡で見ると針状のものが見えたりします。

⑥金属の中毒で有名なものは鉛中毒です。塗装している鳥かごの塗料や金属に銅が含まれている場合がありますが、ファスナーにをかじる程度であれば大丈夫だと思います。

長くなりましたが、またご不明な点がございましたら遠慮なくお尋ねください。
coco-mocaをはじめその他名の鳥カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

お忙しい中、回答ありがとうざいます。


 


③の件は、一番気にかけていたことだったんですが、ある程度までは内服薬で治療することができるんですね。まだ左足をあげている原因が腫瘍によるものだと決まったわけではありませんが、手乗りなので、発情には十分に気を付けていきたいと思います。


 


⑤の件ですが、足の裏にも注意が必要なんですね。今朝、確認したところ黄色っぽいものはないように思いましたが、もう一度よく見てみたいと思います。


 


⑥の件も気になっていたことでしたが、先生のお話を聞き、安心しました。


 


病院で処方された薬もあるので、もう少し様子見になると思いますが、何かあればまたご相談させてください。


 


丁寧な回答、本当にありがとうございました。

鳥 についての関連する質問