JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  小動物臨床6年
60306695
ここに 鳥 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

六歳半のオスのセキセイインコの足裏についての相談です。 三週間位前に、両方の足裏の真ん中あたりに、 赤いかさぶた

解決済みの質問:

六歳半のオスのセキセイインコの足裏についての相談です。
三週間位前に、両方の足裏の真ん中あたりに、
赤いかさぶたのようなものがあることに気づき、 病院で診てもらいました。
はっきりとは診断できないようでしたが、念入りに診て頂き
抗生物質の粉薬を頂きました。
もうだいぶ経ちますが、赤いかさぶたの様なかたまりから
カサカサして乾燥した赤黒いイボのような状態になり
未だくっついています。
そっと触ってみても痛がる様子はないのですが、
なんだかこれを放っておいてもよいものなのか
何かしてあげられることがあるのではないかと、
心配でたまりません。
手乗りでとても人懐っこい子です。インコは具合の悪さを
隠すとよく書いてますが、人の気配の無い時は
ここ最近膨らんで寝ていたりします。
保温は充分にしています。
まずは足裏が毎日心配で気になっております。
何かしていただけるアドバイスがあれば、
教えて頂きたく、どうぞよろしくお願い致します。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

実際に診たわけではないですが、おそらく趾瘤症と呼ばれるものではないかと思います。

太りすぎているとか一日ずっとほとんど同じ体勢でいるということはないですか?
止り木はどの程度の太さのものを使っていますか?滑りやすいことはないですか?

もう少し情報をお願いします。
質問者: 返答済み 4 年 前.
確かに体は大きめで体重は五十グラム弱です。
頻繁に外に出て遊びたがるので出してあげますが
あまり機敏ではないようで 、遠くまで飛ぶことが出来ないようです。
体が重いのでしょうか。

一羽飼いなので、じっとしていることは確かに多いと思います。
止まり木は市販の一般的なものなので、細くも太くもないと思います。
最近、くちばしが伸び過ぎたような気がして、太めのかじれる止まり木を入れてあげましたが、あまり居心地がよさそうではないので取り外したところです。
止まり木は確かに滑りやすいのか、こないだはチョンと上段に乗ったタイミングで前につんのめってしまいました。たまたまかもしれないのですが。
いかがでしょうか。
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
返信ありがとうございます。

それであるとかなり趾瘤症の条件に当てはまりますので、その可能性が高いと思います。

趾瘤症は何らかの要因で足の裏に負担がかかるため、その負担のかかった部分に炎症が起きて色が変わったりかさぶたができるものです。

対策としては
1.できるだけ肥満にさせない
 高カロリーのえさは控えてください。
 ミックスのえさでカナリーシードばかりを食べている子が肥満になることも多いです。
 カナリーシード入りのミックスのえさを食べている場合には、カ ナリーシードを網で越して取り除いてしまうのも方法の一つです。

2.一か所にとどめておかない
 これは外で遊ばせるのでもいいですし、ケージを大きめのものにするなどしてできるだけ同じ場所で同じ部位に負担のかからないようにしてください。

3.止り木対策
 一番いいのは適当な太さの自然の枝(ショップでも売っている場合があります)を使うことです。
 滑りにくいですし、太さが微妙に違うので、自分の好きなところに止まれます。
 なかなかそういったものが探せない場合にはできるだけショップで滑りにくそうなものを選んでください。
 またスペースが許せば太さの違う2本の止まり木を用意してもらうのもいいでしょう。

それからステロイド入りの塗り薬が効果があることもあるので、上の対策とともに使われてもいいでしょう。
質問者: 返答済み 4 年 前.
度々すみません。教えて頂けますか?
かかりつけの獣医さんは、塗り薬は口に入るので出すわけにはいかない、と、飲み薬ばかりなのですが、実際頻繁に脚の爪などをよく口でお手入れしており、ステロイドなど塗った場合、小さな体に影響はないのかと心配になります。
そして、趾瘤症というのは生命の危機に直結する病気なのですか?それとも経過をみていても構わないレベルのものなのでしょうか?
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
確かにあまり舐めてしまうのはよくありません。
ただし、薄く塗って10分15分くらいうまく遊んで気を紛らわせてもらえば舐めても問題視ない程度まで皮膚に吸収してくれます。

それからこの病気自体は命に関わりませんが、ひどくなると潰瘍を起こして感染症を起こすと前進状態を悪化させて命に関わります。
まずは上にあげた環境対策からしっかりしてあげてください。
それでもだめなら塗り薬という風でもいいでしょう。
japavetをはじめその他名の鳥カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.
明日早速自然木の止まり木を探して、餌も高カロリーにならないよう考えます。いろいろご回答頂き、 本当にありがとうございましたm(_ _)m
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
はい、プラス評価ありがとうございます。

また何かあればご相談ください。

鳥 についての関連する質問