JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yasuyukiに今すぐ質問する
yasuyuki
yasuyuki, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 709
経験:  北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
61682647
ここに 鳥 に関する質問を入力してください。
yasuyukiがオンラインで質問受付中

3日前、小5の子供が文鳥を誤って踏んでしまいました。 それから、ぐったりとしています。動いたかと思うと、立ち上がれ

解決済みの質問:

3日前、小5の子供が文鳥を誤って踏んでしまいました。
それから、ぐったりとしています。動いたかと思うと、立ち上がれず、くるくる回るように動いています。頭は右に後ろをいつもむいてます。
たぶん、右側を傷めてしまったのだと思います。
えさも食べません。すぐに死んでしまうと思っていたのですが、まだ、生きています。
病院に連れて行こうかとも思いましたが、治療費の事を考えると考えてしまいます。
とても、かわいそうなので、今、どんな状態かだけだも、知りたいと思いまして質問させていただきました。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  yasuyuki 返答済み 4 年 前.

頂いた情報の中での回答です。納得いくまで詳細を追加してご質問ください。文章の稚拙を含めメールでの正確な意思疎通は非常に困難といわれています。実際に診療にあたった主治医の診断に優るものではないと考えています。

非常に残念ですが、亡くなってしまうでしょう。今、生きているのが不思議なくらいです。

動物病院を受診しても、おそらく助けてあげることはできないと思います。入院すればなんとかなる可能性も少しは高くなるかとは思いますが、治療費がかかってしまうだけで、いい結果は望めません。

骨折や、脳や脊髄などの損傷があると思います。

また、食事をしてくれないのであれば、脱水、栄養不良が進行し、最終的には餓死してしまうでしょう。

当院を受診される飼い主様においても、このような事故は跡を絶ちませんので、カゴから外に出さないように、お話しをしています。それでもやはり死亡事故は多発しており、踏む、挟む、ぶつかる、お湯につかる、換気扇にまきこまれる・・・、かごから出さなければ、防げるものばかりです。

カゴから出す場合には、人は十分注意が必要で、日常生活を営みながら、鳥を籠から出すことはできるだけ控えましょう。

yasuyukiをはじめその他名の鳥カテゴリの専門家が質問受付中

鳥 についての関連する質問