JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yasuyukiに今すぐ質問する
yasuyuki
yasuyuki, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 709
経験:  北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
61682647
ここに 鳥 に関する質問を入力してください。
yasuyukiがオンラインで質問受付中

キジバトの雛、(生後五日目ぐらい)一週間前に保護し、昨日までパウダーフードをゆるく練ったものを一日3-4回、40度で

質問者の質問

キジバトの雛、(生後五日目ぐらい)一週間前に保護し、昨日までパウダーフードをゆるく練っ たものを一日3-4回、40度で一回につき60cc~100CC与えていてとても元気でしたが、昨日の夕方からエサを食べず、だんだんグッタリとしてきました。触ると体温も下がってきたようなのでカゴを30度に保ち、一晩様子を観察。肌の色が黒ずんで呼吸が苦しそうです。フンは午前3時に普段のようなフンで量も通常のものをしました。近所で鳥類の獣医さんをネットで探しましたが市外が多く、私自身も昨日から急性難聴で運転にも無理があるかなと、こちらに相談させていただきました。この雛はもうだめなのでしょうか。それとも、まだ助かる見込みがありますでしょうか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  yasuyuki 返答済み 5 年 前.

頂いた情報の中での回答です。納得いくまで詳細を追加してご質問ください。文章の稚拙を含めメールでの正確な意思疎通は非常に困難といわれています。動物病院の受診をお勧めします。実際に診療にあたった主治医の診断に優るものではないと考えています。

保温はとても大切です。そのまま継続しましょう。

食事の量ですが、六十から百ccのように見えるのですが、本当でしょうか?

そんなには一度には入らないですよね。

そのうに炎症が起きているかもしれませんので、動物病院で検査をし、必要な投薬を始めることをお勧めします。また、状態からすると敗血症を起こしていそうですので、抗生物質の全身投与や輸液が必要に思えます。

ヒナならタクシーに乗せてもらえると思います。

ただし、小鳥専門の動物病院は野鳥は診察しないところもあるようですので、事前に確認しておきましょう。

yasuyukiをはじめその他名の鳥カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.


動転しておりました。エサの量は6cc~10ccです。やはり動物病院での受診が最良なのですね。了解しました。保温を続行して連れていきたいと思います。水分の補給は途中でいりますでしょうか。昨夕から何も摂取しておりません。

専門家:  yasuyuki 返答済み 5 年 前.

お返事がきている通知がないようで(システムの問題?)、すっかり遅くなりました。

動物病院を受診することができましたか?

野鳥の保護はたいへん手間のかかるケアが必要ですが、その後、いかがでしょうか?

yasuyukiをはじめその他名の鳥カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

おっしゃるとおり、敗血症を起こしており近隣の獣医を尋ねました。雉鳩は保護鳥になっていないのを承知で、抗生物質と経口投与での補液を出していただきましたが、5時間後に残念なこととなりました。しかし、今回の件でたくさんの勉強をさせていただきましたことと、yasuyuki先生に最初にご回答をいただきましたことで「仕方がなかったことだ」と自分を納得させることができました。本当に感謝しております。ありがとうございました。

鳥 についての関連する質問