JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5275
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 鳥 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

飼っているボタンインコの雌がなかなか卵を産まないため、かかりつけの動物病院へ連れて行ったところ腹壁ヘルニアで癒着して

解決済みの質問:

飼っているボタンインコの雌がなかなか卵を産まないため、かかりつけの動物病院へ連れて行ったところ腹壁ヘルニアで癒着している 可能性があって外科的手術での治療になるといわれました。レントゲンで確認する限り、卵はかなり大きく育っているため自力で産む様子はないですし、獣医さんが強制的に産卵させようと手技を施しましたが、おそらく癒着していることが原因で総排泄孔から卵を見ることができない状態といわれました。
小鳥の手術を行う場合には麻酔のリスクが高いので、可能性は五分五分だといわれたのですが、やはり危険な手術なのでしょうか?手術以外には選択肢がないものなのでしょうか?教えていただけると助かります。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 5 年 前.
はじめまして質問ありがとうございます。
診察はしていませんので文章のみからの推測にしかすぎません。
的確なアドバイスが出来ない場合もありますのでご容赦ください。
質問やさらにお聞きになりたいことがあれば情報や要望を入力をお願いします。

やはり放っておくと危険だと思います。
元気なうちが麻酔のリスクも低く成功する可能性が高いでしょう。

手術以外では難しいと思います。
wantaroをはじめその他名の鳥カテゴリの専門家が質問受付中

鳥 についての関連する質問