JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5375
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 鳥 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

昨夜、お試しでシステムが分からず、詳しい症状を書きませんでした。この件で引き続き詳しく教えて下さい。まず、最初はメス

質問者の質問

昨夜、お試しでシステムが分からず、詳しい症状を書きませんでした。この件で引き続き詳しく教えて下さい。まず、最初はメスが羽毛障害になり、2羽とも成鳥になった時、巻き毛になっていました。ま た、亡くなった一羽は代謝が良過ぎ、爪やくちばしが伸びる、換羽が頻繁にありました。毎日と言うぐらいでした。小松菜など生野菜は殆どやっていませんでした。塩土もです。(インコ用)と思っていたので。代わりに色つきのビタミンフルーツと青い顆粒のフードをやっていました。多忙と過労のため、掃除が殆ど出来ませんでした。最初は養子にもらった子が、発病し、トリコモナスによる神経麻痺が起こり、立つも座るも出来なくなりひっくり返って全身無羽になり死にました。その次、同居文鳥のメス白があごの下だけ禿げました。それ以外は気になる事はありません。次に養子(初めにもらった子の兄弟)
メスが首の周囲がはげ、同居の白文鳥オス(自家製)のくちばしの根元がはげました。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 5 年 前.
文鳥は同じかごで飼っていると気がつよいのでお互いに羽をむしることやストレスで
羽を抜くこともあります。できれば一羽ずつ飼育するのがベターです。

またお話か らすると栄養面や環境にも問題があったと思います。
文鳥は栄養面や日光浴、かごの衛生面に気をつけないと感染症や栄養面の問題
肝臓疾患、ストレスですぐに脱毛します。

どれも一番の原因は生活環境や栄養面が原因で免疫力が低下して感染を起こした
栄養バランスが悪いので脱毛した、さらに肝臓障害なども併発してさらに脱毛がひどくなったというパターンの結果だと思います。

かごは毎日掃除が必要です。カビなどの感染もあったのかもしれませんね。
一羽ずつ竹かごに入れて飼育するのが管理しやすいと思いますよ。
wantaroをはじめその他名の鳥カテゴリの専門家が質問受付中

鳥 についての関連する質問