JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5443
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 鳥 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

ヨウム5か月が血液検査の結果、アスペルギルス陽性とでてしまいました。 病院で、フルコナゾールが処方され、20日間投

質問者の質問

ヨウム5か月が血液検査の結果、アスペル ギルス陽性とでてしまいました。
病院で、フルコナゾールが処方され、20日間投与するように言われました。
それ以外、特にレントゲン写真や、吸入などの処置もなにもありません。
もし、先生方の病院ならばどのような処置を行うのでしょうかおききしたく、記入させていただきました。
ヨウムは、毎日何回かはくしゃみをしております。
これもアスペルギルスの影響でしょうか。
薬を飲み始めて20日たちましたが、あいかわらず、くしゃみをしております。
よろしくお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 5 年 前.
はじめまして、診察をしていませんし短い文章からの推測です。適切なアドバイスが出来ない場合もあることをご承知ください。追加の質問や情報があれば書き込みをお願いします。

おそらく細菌やアスペルギルスなどの複合感染を起こし ている可能性が高いと思います。
副鼻腔炎も併発している可能性が高いでしょう。

再評価のためにレントゲン検査と鼻腔のぬぐい液検査、再度の血液検査などが必要でしょう。今の病院に納得いかないのであればセカンドオピニオンで新しい病院を探してみましょう。中型以上の鳥をみれる病院は稀なのでよく調べていかないときちんと検査はしてくれません。

ご参考までに
wantaroをはじめその他名の鳥カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
ありがとうございます。

薬なのですが、フルコナゾールが処方されているのですが、人間のアスペルギルスにはこの薬は効かないと言われているようです。
ヨウムには効いたりするのでしょうか。
ヨウムのアスペルギルスには一般的にどのような薬をどのような形で処方するのでしょうか。
また、人間にはきくけれど、ヨウムには毒になるようなアスペルギルスの薬もあると効いているのですが、そうなのでしょうか。
よろしくお願いいたします。
質問者: 返答済み 5 年 前.
アスペルギルスの薬としてフルコナゾールが処方されているのですが、この薬は人間ではもう効かないと言われているようです。
ヨウムには効くのでしょうか。
また、ヨウムには一般的にどのような薬をどのような形で処方されるのでしょうか。
アスペルギルスの薬で、人間には効くけれども、ヨウムには毒である薬もあると効いたことがあるのですが、そうなのでしょうか。
よろしくお願いいたします。
専門家:  wantaro 返答済み 5 年 前.
基本的に抗真菌剤は肝臓毒性が高いものが多いですよ。

アスペルギルスに効く抗生剤はフルコナゾール、イトラコナゾール、ケトコナゾール
レバミゾール、アムフォテシリンBなどがあります。

肝臓毒性が最も低いのはフルコナゾールです。

基本的に人間でも鳥でも毒性は同じです。

幼鳥ですし肝臓毒性が最も低いとされているものを使用しているので
間違いではないでしょう。
専門家:  wantaro 返答済み 5 年 前.
フルコナゾールはアスペルギルス症で全部が効力を持たない訳ではないので間違った選択ではないですよ。
質問者: 返答済み 5 年 前.
ありがとうございます。
今はフルコナゾールのみの投薬だったのですが、ネフライザーや注射も組み合わせていった方がよいのでしょうか。
かかりつけ医によれば、ネフライザーや注射をしてもずっと陰性にならない子もいるので、あまり意味がないといわれたのですが、ヨウムにはネフライザーや注射をした方が早く陰転するともきいたこともあり、どうなのでしょうか。
また、レントゲンは陰がうつってもうつらなくても、陰性や陽性とは関連性がなかったりするので、とる必要があまりなく、結局は血液検査で見るしかないといわれたのですが、先生は動お考えでしょうか。
また、アスペルギルスが発症した場合、どのような症状で、死亡してしまうような例もあるのでしょうか。
専門家:  wantaro 返答済み 5 年 前.
真菌はすごく治りが悪いので担当医のおっしゃるのも一理あります。
ネブライザーをするとストレスをかける部分もあるのでそ の状態をみて
担当医の方針に従うしかないでしょう。

担当医の治療が気に入らないならセカンドオピニオンで納得のいく先生を
探すのも手です。

若くてまだ免疫力が弱い、体力が無いなどの原因で亡くなる可能性はあります。
呼吸器疾患ですので、肺が機能しなくなり舌や足先、クチバシが青くなり肩で息をする。
喀血や元気食欲が無くなり落鳥して亡くなるでしょう。

考え方は色々ですが、血液検査は大きな指標の一つにはなるでしょう。
多くをみている先生の場合には状況である程度判断できますので
レントゲンをあまり必要と考えていないのだと思います。
これも担当医の考え方なので診察をしていない私にはどうこう言えません。
質問者: 返答済み 5 年 前.
ありがとうございます。
まだよろしいでしょうか。
東海地方在住なのですが、ヨウムを見られる病院をご存知でしたら教えていただきたいです。
また、副鼻腔炎にはどのような薬を使うのが一般的なのでしょうか。
よろしくお願いいたします。
専門家:  wantaro 返答済み 5 年 前.
この掲示板の規約で専門家に直接連絡がとれるようにすることはできませんし
私も東海地方で鳥をみれる先生は残念ながら知りません。

副鼻腔炎の原因は真菌でも細菌でもなります。
検査してみないと何が効くのかは不明です。
細菌感染が原因であれば有効な抗生剤を使用することになります。

点鼻することもありますし、ネブライザーを使用することもあります。

鳥 についての関連する質問